こころ 芥川 龍之介

こころ 芥川 龍之介

こころ 芥川 龍之介



底本:「現代日本文學全集 第三〇篇 芥川龍之介集」改造社 1928(昭和3)年1月9日発行 初出:「新潮」 1919(大正8)年5月1日 ※表題は底本では、「 蜜柑 ( みかん ) 」となっています。 入力:高柳典子 校正:岡山勝美 2012年2月8日作成 2012年3月21日修正

注) 1. 上記の旋頭歌25首「越びと」の本文は、『芥川龍之介全集』第9巻(岩波書店、 1978年4月24日第1刷発行・1983年1月20日第2刷発行)によりました。

芥川 竜之介: 作家名読み: あくたがわ りゅうのすけ: ローマ字表記: Akutagawa, Ryunosuke: 生年: 1892-03-01: 没年: 1927-07-24: 人物について: 東大在学中に同人雑誌「新思潮」に発表した「鼻」を漱石が激賞し、文壇で活躍するようになる。

みらいパブリッシングは本で未来を創る出版社。まだだれも目にしたことのない未来を、著者、読者、出版に関わるすべての人とともに創っていきます。 しろ(原作:芥川龍之介) のページです

 · 【目次】 00:00:00 『こころ』一 00:05:48 『こころ』二 00:11:33 『こころ』三 00:17:53 『こころ』四 00:24:05 『こころ』五 00:42:34 ...

芥川龍之介『蜘蛛の糸』あらすじ|因果応報の慈悲と、利他の大切さ。 芥川龍之介『鼻』あらすじ|外見より内面の自尊心を、笑われる辛さ。 芥川龍之介『蜜柑』あらすじ|目に写る色彩が、心を癒した瞬間。 芥川龍之介『杜子春』あらすじ|金持ちでも ...

このページでは『羅生門/芥川龍之介【あらすじ・解説・簡単な要約・読書感想文】』を、”短く・わかりやすく” まとめています。ちょっとむごたらしい「人間の身勝手さ(エゴイズム)」と「人間という存在の弱さ」をどうぞお楽しみください!

 · 俳優・ナレーターの西村俊彦による朗読です。 【朗読作品一覧表】 https://note.mu/byoubyoubyou/n/n56b2fb990c8f 【書籍情報】 『河童 ...

こころ 芥川 龍之介 ⭐ LINK ✅ こころ 芥川 龍之介

Read more about こころ 芥川 龍之介.

8
9
10

Comments:
Guest
Marriage is like any other job--it's much easier if you like the boss.
Guest

Forgiveness is like sunshine after a rainy day.

Guest
To disagree, one doesn't have to be disagreeable.
Calendar
MoTuWeThFrStSu