ギムレット 村上 春樹

ギムレット 村上 春樹

ギムレット 村上 春樹



翻訳ものはとりあえずやめておくと書いたけれども、最近、レイモンド・チャンドラーの『長いお別れ/ロング・グッドバイ』を読んだので、覚書。『長いお別れ/ロング・グッドバイ』としたのは、つまるところ、清水俊二氏の訳と村上春樹氏の訳と両方を読んだのである。

ハードボイルド小説・レイモンド・チャンドラー著『長いお別れ』 (村上春樹訳版は『ロング・グッドバイ』)。「本当のギムレットはジンとライムジュースを半分ずつ、他には何も入れないんだ」というセリフが有名です。このセリフに隠された本当の理由、あなたはご存知ですか?

村上春樹作品にはたくさんのお酒が出てきます。かつて村上さんはジャズバーを経営してたこともあって、その種類は豊富。今回はそんな村上作品に出てくるカクテルを紹介します。秋の夜に読書をしながら飲むのにぴったりのお酒。豆知識や作り方もあるので、村上作品との飲み合わせを ...

ギムレットには早すぎる: レイモンド・チャンドラーの代表作『長いお別れ(清水俊二訳)』=『ロング・グッドバイ(村上春樹訳)』に重要な小道具として登場するギムレット。 物語の序盤、店を開けたばかりの静かなバー。

ハードボイルド小説や村上春樹の訳での刊行、三谷幸喜氏の映画と。 さりげなく読んでる観てる方も多いかと思いますが、 そんな話が好きな女性と語り合いながら、ギムレットを楽しむのもいい夜かもしれませんね。 「ギムレットには早すぎる」

レイモンド・チャンドラーの「長いお別れ」は、アラフォー男子の友情を描いたハードボイルド小説の歴史的傑作です。 初期村上春樹作品の原点がここにあり。 ミステリー小説の名作ですが、もはやこれは純文学と呼びたい作品です。 書名

 · (村上春樹訳)「さよならを言うのは、少しだけ死ぬことだ。」 “I suppose it’s a bit too early for a gimlet,” (清水俊二訳)「ギムレットにはまだ早すぎるね。」 (村上春樹訳)「ギムレットを飲むには少し早すぎるね。

ギムレットの意味を知っている人にとっては、深みのあるセリフ。 同書はあの村上春樹の翻訳版が出版されているため、文学好き、お酒好きで気になる人は調べてみるといいでしょう。

2007年に村上春樹氏の訳で、ほぼ原題通りの『ロング・グッドバイ』としても刊行されています。 「ギムレットには早すぎる」 原文は「"I suppose it's a bit too early for a gimlet," he said.」 このセリフはラスト近くに出てきます。 権威あるカクテルブックにも、

村上春樹の小説は何が評価されているのですか?高二の俺にもわかる説明が欲しいです。1Q84とノルウェイの森は読みました。どちらも、中盤あたりから一気に全部読み終わってしまうくらいには楽しめました。ただ、まだ「世界観が何となく好き」とか「登場人物が愛おしい」みたいな、その ...

ギムレット 村上 春樹 ⭐ LINK ✅ ギムレット 村上 春樹

Read more about ギムレット 村上 春樹.

8
9
10

Comments:
Guest
People are very open-minded about new things--as long as they're exactly like the old ones.
Guest

There are many ways of going forward, but there is only one way of standing still.

Guest
Fear of becoming a has-been keeps some people from becoming anything.
Calendar
MoTuWeThFrStSu