ハンカチ 芥川 龍之介

ハンカチ 芥川 龍之介

ハンカチ 芥川 龍之介



『手巾』は芥川龍之介が著した小説です。 『手巾』は「しゅきん」と読みまして、「しゅきん」とは「ハンカチ」のことです。 1916年の小説で、中央公論にて発表されました。

底本:「現代日本文学大系 43 芥川龍之介集」筑摩書房 1968(昭和43)年8月25日初版第1刷発行 入力:j.utiyama 校正:柳沢成雄 1998年9月14日公開 2004年3月16日修正 青空文庫作成ファイル:

『手巾』(ハンケチ)は、芥川龍之介の短編小説。1916年10月の『中央公論』にて発表された。

久しぶりに書棚から「日本文学全集」(新潮社)の「芥川龍之介集」を取り出し、『手巾(ハンケチ)』を読みました。 この短編の主人公は、東京法科大学教授、長谷川謹造先生。「武士道」で有名な新渡戸稲造がモデルだと言われています。

 · 芥川龍之介の手巾(ハンケチ)はどういう作品ですか?先日の相棒16のタイトルでした。 青空文庫でよめる短い本です。新渡戸稲造がモデルと言われてる大学教授が息子をなくした女性の元をたずねます。教授は女性...

 · 顔で微笑み、全身で泣く・・・悲しみを抑制する母親の姿

底本: 現代日本文学大系 43 芥川龍之介集: 出版社: 筑摩書房: 初版発行日: 1968(昭和43)年8月25日: 入力に使用:

世界大百科事典 第2版 - ハンケチの用語解説 - 日本ではおもに手ふきとして,欧米ではおもに鼻ふきとして実用され,また装飾品としても用いられる方形の小布。日本では略してハンカチ,ハンケチと呼ばれることが多く,手巾(しゆきん)ともいう。

ハンカチに関する作品. 芥川龍之介の『手巾』。手巾はハンケチと読む。 小説『不如帰 (小説)』 - 徳冨蘆花作の小説で、1898年-1899年に新聞連載された。別れの場面でハンカチを振るしぐさを日本で初めて描いた小説となっている 。

小さめのエコバッグが欲しいという方に、セブン-イレブンの「ハンカチエコバッグ」がとってもオススメです。見た目はハンカチなんですが ...

ハンカチ 芥川 龍之介 ⭐ LINK ✅ ハンカチ 芥川 龍之介

Read more about ハンカチ 芥川 龍之介.

2
3
4
5

Comments:
Guest
All that you do, do with all your might--Things done by half are never quite right.
Guest

The best thing you can spend on your children is time.

Guest
A friend is long sought, hardly found and with difficulty kept.
Calendar
MoTuWeThFrStSu