リチャード バック イリュージョン 村上 龍

リチャード バック イリュージョン 村上 龍

リチャード バック イリュージョン 村上 龍



Amazonでリチャード・バック, Richard Bach, 村上 龍のイリュージョン (集英社文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。リチャード・バック, Richard Bach, 村上 龍作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またイリュージョン (集英社文庫)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

『イリュージョン (集英社文庫)』(リチャード・バック) のみんなのレビュー・感想ページです(140レビュー)。

 · リチャード・バック(Richard Bach、1936年 6月23日 - )は、アメリカ合衆国 イリノイ州生まれの飛行家、作家。 飛行機に関するルポルタージュ風の作品を書いていたが、1970年に『かもめのジョナサン』を発表した。 当初はほとんど評判にならなかったが、1972年に突如ベストセラーのトップに ...

リチャード・バックは、アメリカのイリノイ州生まれの飛行家、作家。飛行機に関するルポルタージュ風の作品を書いていたが、1970年に『かもめのジョナサン』を発表した...

【定価10%off】 中古価格¥451(税込) 【¥51おトク!】 イリュージョン/リチャード・バック(著者),村上龍(訳者)/中古本・書籍/ブックオフオンライン/ブックオフ公式通販・買取サイト。1500円以上のご注文で送料無料。

[mixi]リチャード・バック 《新訳》イリュージョン 佐宗鈴夫 訳 今朝、新聞を見ていたら 集英社の新刊の広告の中に 『イリュージョン』の文字が! どうやら佐宗鈴夫さんという方の新訳のようです。 村上龍さんの訳とどう違ってくるのか 楽しみでもあり不安でもあり…。

僕が読んだのは村上龍の訳だったけど、今は新訳もでているようだね。 リチャード・バックはP4Uサマによると、ヨハン・セバスティアン・バッハの直系の子孫だそうで、wikiにもそう書いてある。

退屈を嫌い憎むといえば村上龍もその一人です。私の好きな『69』のあとがきでも退屈を強制させる存在について強く憤っていることがわかります そんな村上龍がイリュージョンの訳を担当したのはとてもマッチしていたように思う。

【イリュージョン】リチャード・バック 著村上龍 訳集英社文庫複葉機(飛行機において、揚力を得るための主翼が2枚以上あるもの)で旅に出ていたリチャードと救世主を…

読んでいて、リチャード・バックの「イリュージョン」(村上龍訳)を思い出しました。 イイネ! コメント [16] mixiユーザー 10月21日 11:34 はじめまして。 トピックのお題とちょっと逸脱してしまってナンですが、振られている話題でもありますので ...

リチャード バック イリュージョン 村上 龍 ⭐ LINK ✅ リチャード バック イリュージョン 村上 龍

Read more about リチャード バック イリュージョン 村上 龍.

2
3
4
5
6
7

Comments:
Guest
To disagree, one doesn't have to be disagreeable.
Guest

All the world's a stage, but most of us are stagehands.

Guest
The right to do something does not mean that doing it is right.
Calendar
MoTuWeThFrStSu