作家 村上 龍

作家 村上 龍

作家 村上 龍



村上 龍(むらかみ りゅう、1952年 2月19日 - )は、日本の小説家、映画監督、脚本家。血液型はO型。 長崎県佐世保市出身。武蔵野美術大学在学中の1976年、麻薬とセックスに溺れる自堕落な若者たちを描いた『限りなく透明に近いブルー』で群像新人文学賞、及び芥川龍之介賞を受賞。

ヒッピー文化の影響を強く受けた作家として、村上春樹と共に時代を代表する作家と目される。代表作に、『コインロッカー・ベイビーズ』『愛と幻想のファシズム』『五分後の世界』『希望の国のエクソダス』『半島を出よ』など。約18年間芥川賞選考委員を務めていたが第158回を以て退任した。

ヒッピー文化の影響を強く受けた作家として、村上春樹と共に時代を代表する作家と目される。代表作に、『コインロッカー・ベイビーズ』『愛と幻想のファシズム』『五分後の世界』『希望の国のエクソダス』『半島を出よ』など。約18年間芥川賞選考委員を務めていたが第158回を以て退任した。

圧倒的な力強さと鋭い文章が人気の村上龍。作家としてだけでなくtv番組の司会者としても活躍しています。彼はたくさんの小説やエッセイを執筆しているのでどれから読もうか迷ってしまいますよね。そこで今回は村上龍のおすすめ本ランキングをご紹介していきます。

 · 芥川賞受賞作家・村上龍(むらかみ・りゅう)の略歴や、候補作に対する選評の一部など …

近年ではtv番組の司会者としても活躍中の人気作家、村上龍。こちらの記事では、村上龍が執筆した人気のおすすめ本をランキング形式でご紹介しています。村上龍の作品を読んでみたいけど、どれがおすすめなのかわからないとお悩みの方、ぜひチェックしてみてください。

 · 【ホンシェルジュ】 1976年にデビューして以来、文壇のトップとして走り続けている作家、村上龍。誰もが一度は耳にしたことがあるでしょうが、その小説を読んだことがないという人もいるでしょう。今回は村上龍初心者の方におすすめしたい作品をご紹介します。

村上 龍 むらかみ・りゅう(1952年2月19日 - )小説家。長崎県佐世保市出身。武蔵野美術大学在学中の1976年、麻薬とセックスに溺れる自堕落な若者たちを描いた『限りなく透明に近いブルー』で群像新人文学賞、芥川賞を受賞。村上春樹と共に時

芥川賞作家であり、時事問題への言及も多いため、社会的な影響力も高い、村上龍さん。 今回は、そんな村上龍さんのことをチェックしていきたいと思います。 村上龍さんとは、はたして、どのような経歴をたどってきた作家だったのでしょうか。 さて、村上龍さんといえば、社会性の多い ...

出典:芥川賞作家で、芥川賞選考委員も務める、村上龍さん。本名は村上龍之助さん。テレビ東京の長寿番組である「カンブリア宮殿」でのmcとしても有名ですね。最終学歴は武蔵野美術大学造形学部基礎デザイン科中退。在学中に執筆した作

 · 村上龍『69 sixty nine(シクスティナイン)』の凄みを、読み返すたびに感じます。 こんなにポップで読みやすくて、ギャグ満載でゲラゲラと笑えて、恋愛もあって社会への反抗もあって青春もあってスリリングな展開もあって、その中に、これほど大切な哲学を詰め込んだ作品を書ける作家は ...

2ちゃんねる嫌儲板「村上龍ってそんなに凄い作家なの?」についての記事

作家 村上 龍 ⭐ LINK ✅ 作家 村上 龍

Read more about 作家 村上 龍.

7
8
9
10

Comments:
Guest
The virtues of being punctual are largely offset by having to wait for people who aren't.
Guest

The best thing you can spend on your children is time.

Guest
People are very open-minded about new things--as long as they're exactly like the old ones.
Calendar
MoTuWeThFrStSu