利休の死 井上靖 あらすじ

利休の死 井上靖 あらすじ

利休の死 井上靖 あらすじ



『本覚坊遺文 (講談社文芸文庫)』(井上靖) のみんなのレビュー・感想ページです(11レビュー)。作品紹介・あらすじ:師千利休は何故太閤様より死を賜り、一言の申し開きもせず従容と死に赴いたのか?弟子の本覚坊は、師の縁の人々を尋ね語らい、又冷え枯れた磧の道を行く師に夢の中で ...

ただし、本覚坊の手記のようなものはいっさい遺ってはいない。つまりはこの作品は井上靖の最晩年の幻想が生んだ想像の時代記なのである。 歴史を舞台にする日本の作家なら、一度は利休の死を扱ってみたいにちがいない。なぜ利休は殺されたのか。

利休の死 井上 靖 2008-03-15 06:59:44 雅虎空间 足が冷えて利休は目覚めた。ひざの関…

井上靖の周囲に実在した人物がモデルとして多く登場し、特に『しろばんば』中に登場する、曽祖父の妾で洪作とは血の繋がらない「おぬいばあさん」(実在の名は「おかの」)との生活は、井上靖の人格形成を語る上で欠かせないものである。

小松 茂美『利休の死』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約4件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。

~感想~井上靖の作品に僕のようなミステリ馬鹿が何か言うのはおこがましいが、書評ではなく感想くらいなら書いてもいいだろう。本作は映画化もされ、82年には日本文学大賞を受賞した、井上靖晩年の代表作の一つに挙げられる代物らしい。

美術人名辞典 - 井上靖の用語解説 - 小説家・詩人。北海道生、伊豆湯ヶ島で育つ。京大哲学科卒。在学中は同人誌に詩を発表し、各種懸賞小説に入選。卒業後、毎日新聞社に入社し、勤務の傍ら『闘牛』で芥川賞受賞。退職後は新聞小説作家として地位を確立する。

そしてそれを見抜くことのできなかった利休の誤算とは――84歳の著者が作家執念で挑んだ圧巻の傑作ミステリー! おすすめ記事 + 縄田一男「茶聖の死の謎に迫る」 -今週の必読(2015.04.21) 加藤廣「利休の死の闇を解く」 -自著を語る(2015.03.28)

では、秀吉が利休に死を賜った決定的な理由はというと、正直言って、この本を読んでも私にはよくわからなかった。 謝れば許されるというのに、利休も頑として謝らず切腹する。 なぜかたくなに謝らないのか「利休にたずねよ」ということなのであろうか。

利休の死 井上靖 あらすじ ⭐ LINK ✅ 利休の死 井上靖 あらすじ

Read more about 利休の死 井上靖 あらすじ.

8
9
10
11
12

Comments:
Guest
A truth that's told with bad intent beats all the lies you can invent.
Guest

Gossip: letting the chat out of the bag.

Guest
The easiest way to find something you've lost is to buy a replacement.
Calendar
MoTuWeThFrStSu