古井 由吉 女 たち の 家

古井 由吉 女 たち の 家

古井 由吉 女 たち の 家



古井 由吉(ふるい よしきち、1937年 11月19日 - 2020年 2月18日)は、日本の小説家、ドイツ文学者。 いわゆる「内向の世代」の代表的作家と言われている 。 代表作は『杳子』、『聖』『栖』『親』の三部作、『槿』、『仮往生伝試文』、『白髪の唄』など。

Amazonで古井 由吉の女たちの家 (1977年)。アマゾンならポイント還元本が多数。古井 由吉作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また女たちの家 (1977年)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

古井由吉 著、中央公論社、1977、247p、20cm、1冊 初版 カバー(少ヤケ)・帯付 (小口薄点シミ、古色あるも本文概ね良好) 女たちの家

デジタル大辞泉 - 古井由吉の用語解説 - [1937~2020]小説家。東京の生まれ。立教大学でドイツ文学を講じたのち、文筆活動に入る。「内向の世代」の代表的作家。「杳子(ようこ)」で芥川賞受賞。他に「槿(あさがお)」「中山坂」「仮往生伝試文(かりおうじょうでんしぶん)」「白髪の...

初版 カバー帯付 経年によるヤケ / 冊数 : 1冊 / 刊行年 : 昭52 / 出版社 : 中央公論社 / ページ数 : 247p / サイズ(判型): 四六判

古井由吉の作品は、学生の頃に(1990年代末〜2000年代初め)初期短編の「杳子」「円陣を組む女たち」「先導獣の話」などやエッセイ(や文学論)と共に「水」を読んだ。あとは、ほとんど読んでいないのではないか。熱心な読者とは全く言えない。

「古井由吉氏の二作のほかに、取りあげる作品が見られなかった」「文藝春秋社内予選で意見が全く二分したので(引用者注:古井氏の候補だけ)二作をあげたというが、一編とできなかったのは不明断、不見識であろう。

実は私は古井由吉のファンであります。 文庫本はすべて揃えております。 新潮文庫・『杳子・妻隠』『櫛の火』『聖・すみか』『楽天記』『白髪の唄』 ... 中公文庫・『女たちの家』『円陣を組む女たち』

古井 由吉『古井由吉作品〈1〉 (1982年)木曜日に 先導獣の話 円陣を組む女たち 不眠の祭り 菫色の空に 雪の下の蟹 子供たちの道 男たちの円居』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。

本サイトでは管理人が趣味で作成したデータベースを公開しています。著作権等の知的財産権を侵害する意図はありません。

古井 由吉 女 たち の 家 ⭐ LINK ✅ 古井 由吉 女 たち の 家

Read more about 古井 由吉 女 たち の 家.

2
3
4
5
6
7

Comments:
Guest
Truth has only to change hands a few times to become fiction.
Guest

The virtues of being punctual are largely offset by having to wait for people who aren't.

Guest
In the eyes of a child, there are 7 million wonders of the world
Calendar
MoTuWeThFrStSu