坪内 逍遥 本名

坪内 逍遥 本名

坪内 逍遥 本名



坪内 逍遥(つぼうち しょうよう、旧字体:坪內逍遙、1859年6月22日(安政6年5月22日) - 1935年(昭和10年)2月28日)は、日本の小説家、評論家、翻訳家、劇作家。小説家としては主に明治時代に活躍した。代表作に『小説神髄』『当世書生気質』およびシェイクスピア全集の翻訳があり、近代日本文学の成立や演劇改良運動に大きな影響を与えた。本名は坪内 雄蔵(つぼうち ゆうぞう)。別号に「朧ろ月夜に如く(しく)ものぞなき」の古歌にちなんだ春のやおぼろ(春廼屋朧)、春のや主人など。俳 …

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - 坪内逍遙の用語解説 - [生]安政6(1859).5.22. 美濃,太田[没]1935.2.28. 熱海小説家,劇作家,翻訳家,教育者。本名,勇蔵,のち雄蔵。別号,春のやおぼろ。 1883年東京大学政治経済科卒業とともに東京専門学校 (現早稲田大学) 講師。

美術人名辞典 - 坪内逍遥の用語解説 - 評論家・小説家・劇作家。愛知県生。名は雄蔵、別号に春迺屋朧・柿叟・双柿等。『小説神髄』を発表、また「没理想論争」を森鴎外との間で展開する。演劇の改良に力を注ぎ、『桐一葉』等の戯曲を発表、俳優の養成に努める。

 · 坪内逍遥の生い立ちとは? 坪内逍遥(本名:坪内雄蔵)は1859年(安政6年(つまり江戸時代です))に美濃国、現・岐阜県に生まれました。 父は今で言う地方役人のような身分で、逍遥はなかなか裕福な暮らしをしていました。

坪内逍遥つぼうちしようよう(1859年-1935年)は主に明治時代に活躍した日本の小説家です。本名は坪内 雄蔵つぼうちゆうぞう。別号に「春のやおぼろ(春廼屋朧)」「春のや主人」など。最初の近代的な評論『小説神髄しようせつしんずい』において、伝統的な「勧善懲悪」の小説を否定し ...

坪内逍遥の誕生. 1859年6月22日、美濃国加茂郡太田宿(現在の岐阜県美濃加茂市)にて坪内逍遥が誕生します。本名は雄蔵といい、父は尾張藩士の太田代官所で手代を務めていました。

坪内逍遥(1859~1935)は、本名雄蔵、号は逍遥、または春逎舎(はるのや)おぼろで、小説家、評論家、教育家である。 明治17年(1884)この地(旧真砂町18番地)に住み、「小説神髄」(明治18~19年)を発表して勧善懲悪主義を排し写実主義を提唱、文学は ...

二葉亭四迷の本名は「長谷川辰之助(はせがわたつのすけ)」です。 この名前の由来は坪内逍遥の名を借りて小説『浮雲』を出版したことに対する自信への罰と言われています。 たまに、「文学の道に進んだことに対して理解を示してくれなかった父への ...

浮雲を「坪内逍遥」の名前を借りて出版した理由. 二葉亭四迷は「浮雲」を発表する際に師である坪内逍遥の本名「坪内雄蔵」名義で出版しました。逍遥の後押しを受けたことや、先に世に出て名が知れている逍遥の名前を借りることで「本の販売を促進 ...

坪内逍遙の名前の由来坪内逍遙というペンネームはどのようなきっかけまたは考え方などでつけたものでしょうか。逍遙という言葉の意味ではなく本人にまつわるエピソードなど知りたいです。よろしくお願いいたします 坪内逍遥は、勧善...

坪内 逍遥 本名 ⭐ LINK ✅ 坪内 逍遥 本名

Read more about 坪内 逍遥 本名.

7
8
9

Comments:
Guest
To think too long about doing something often becomes its undoing.
Guest

Marriage is made in heaven--so is thunder and lightning.

Guest
Between each dawn and setting sun, set aside some time for fun.
Calendar
MoTuWeThFrStSu