坪内 逍遥 細君

坪内 逍遥 細君

坪内 逍遥 細君



坪内 逍遥(つぼうち しょうよう、旧字体:坪內逍遙、1859年 6月22日(安政6年5月22日) - 1935年(昭和10年)2月28日)は、日本の小説家、評論家、翻訳家、劇作家。 小説家としては主に明治時代に活躍した。 代表作に『小説神髄』『当世書生気質』およびシェイクスピア全集の翻訳があり、近代 ...

 · 坪内逍遥は、1859年、現在の岐阜県に生まれました。『小説神髄(しょうせつしんずい)』という評論や小説を産みだしつつ、シェイクスピア全集の翻訳も手掛けた、近代日本文学、近代演劇のの父とも言える文豪です。従来からあった小説の勧善...

5月、文学士坪内雄蔵の名でシェイクスピアの翻訳『自由太刀余波鋭鋒』を東洋館より刊行。序文に逍遙遊人の号を用いる。 明治18年(1885) 26歳: 6月、『一読三歎当世書生気質』(全17冊)を晩青堂より刊行。9月、『小説神髄』(全9冊)を松月堂より刊行。

坪内逍遥の作品は1889年に発表された『細君』が収録されています。 またこれまで馴染みのなかった作家の作品を読むきっかけにもなるでしょう。 日本近代短篇小説選 明治篇1 (岩波文庫)

 · 坪内逍遥つぼうちしようよう(1859年-1935年)は主に明治時代に活躍した日本の小説家です。本名は坪内 雄蔵つぼうちゆうぞう。別号に「春のやおぼろ(春廼屋朧)」「春のや主人」など。最初の近代的な評論『小説神髄しようせつしんずい』において、伝統的な「勧善懲悪」の小説を否定し ...

 · 坪内逍遥は幼少期から文学に興味をもち、東京大学を卒業後に「小説神髄」を発表して日本の近代文学の始まりを告げることとなります。 小説の執筆に関しては「細君」と言う作品を最後に辞めてしまいますが、その後は戯曲の作成に力を入れ、演劇界にも ...

坪内 逍遥 細君 ⭐ LINK ✅ 坪内 逍遥 細君

Read more about 坪内 逍遥 細君.

3
4
5
6
7

Comments:
Guest
You can't raise much of anything if you don't raise a little sweat.
Guest

Pick your friends, but not to pieces.

Guest
If everything went like clockwork, the ticking would drive us nuts.
Calendar
MoTuWeThFrStSu