多和田葉子 新作

多和田葉子 新作

多和田葉子 新作



「多和田葉子 複数の私 vol.05『くにたちオペラ』」が、2022年5月に東京・くにたち市民芸術小ホールで上演される。

「多和田葉子 複数の私 vol.05『くにたちオペラ』」が、2022年5月に東京・くにたち市民芸術小ホールで上演される。【この記事の画像(全4件)を ...

多和田葉子がドイツの修道院に滞在したときの経験をもとに書かれた小説『尼僧のキューピッドの弓』本作は紫式部文学賞を受賞した意欲作です。 主人公である日本人の「わたし」は1000年の歴史を持つドイツの尼僧修道院を訪れます。

多和田葉子『穴あきエフの初恋祭り』(文藝春秋) そんなに多和田葉子のまめなフォロワーではないので、新作が出ても気づいていないときもあるし、雑誌に発表されている作品なども気づかないことが多 …

 · 新刊『星に仄めかされて』―― この物語はどこから来てどこへ向かうのか。言葉を紡ぎ描く世界が不思議と近い未来を予見する、作家、多和田 葉子にインタビュー ベルリンを拠点とし、ドイツ語と日本語で創作を行う多和田 葉子。2018年は『献灯使』...

 · 多和田葉子の新作長編は、ヨーロッパで移動し続ける「移民」たちとその言葉をめぐる冒険の物語である。時代ははっきり示されていないが、近未来か。中心となる登場人物の一人、Hirukoはどうやら日本人らしいのだが、この物語にはそもそも「日本」と ...

小説家で詩人の多和田葉子さんが、今年度の朝日賞を受賞した。日本語とドイツ語のほか、30を超す言語で翻訳されている。国や地域によって、その読まれ方は様々だ。翻訳を手がかりに、幻想的で不思議な物語たちを多和田さんに解剖してもらった。

Amazonで多和田 葉子の地球にちりばめられて。アマゾンならポイント還元本が多数。多和田 葉子作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また地球にちりばめられてもアマゾン配送商品なら通常 …

ドイツ在住で、日本語とドイツ語で小説や詩を発表する多和田葉子さんはノーベル文学賞の予想に名前が挙がる世界的作家。新刊は「こういう書き出しで書きたいと思って書き始めたらこうなった」と語ります。日本が消えた世界で若者たちが言語を巡る旅をする、愉楽に満ちた物語です。

この世界は現実なのか、夢なのか。神話や昔話の世界と地続きではあるが、描かれているのは、恐らく遠い未来の話。国も時代も超越した「言葉 ...

多和田葉子 新作 ⭐ LINK ✅ 多和田葉子 新作

Read more about 多和田葉子 新作.

6
7
8

Comments:
Guest
It's pretty hard to beat a neighbor who's as generous with his tomatoes as with his zucchini.
Guest

The people who are hardest to convince they're ready for retirement are children at bedtime.

Guest
Anyone who thinks there's safety in numbers hasn't looked at the stock market pages.
Calendar
MoTuWeThFrStSu