多和田葉子 賞

多和田葉子 賞

多和田葉子 賞



多和田 葉子(たわだ ようこ Yoko Tawada、1960年3月23日 - )は、日本の小説家、詩人。

米国で最も権威のある文学賞の一つ「全米図書賞」が11月14日に発表され、ドイツ在住の作家、多和田葉子さん(58)の「献灯使(けんとうし)」が、今年から加わった翻訳文学部門で選ばれました。 多和田さんは東京生まれ。1982年からドイツ...

「外の世界との異和感をかかえて立つ多和田さんの強靭さは、この二三年の間に発表された何篇かの作品を通じてわたしをとらえて放さなかった。」「作家・多和田葉子は日本文学界のこの伝統ある新人賞・芥川賞で祝福される時期に来ている。」 吉行淳之介

 · 10月8日(2020年)に発表されるノーベル文学賞。村上春樹さんとともに候補者として名前が挙がっているのが、多和田葉子さんだ。長らくドイツに在住し、ドイツ語での文学活動をしてきたので、日本ではあまり知られていないかもしれない。本書『献灯使』(講談社文庫)に収められている ...

2018年11月15日(現地14日)、作家の多和田葉子が米国において最も権威のある文学賞の1つとされる「全米図書賞」を受賞したことが発表された。世界的に評価が高く、「村上春樹よりノーベル賞に近い」とも言われる多和田作品の魅力はどこにあるのか。

【ノーベル賞】文学賞予想に多和田葉子さん登場 スキャンダルで異例の2年分の受賞者発表 2019.10.3 13:00 ライフ 学術・アート ノーベル賞

【nhk】おととし全米図書賞を受賞し、ノーベル文学賞の候補と目されるようにもなった作家の多和田葉子さん。30年以上にわたってドイツで ...

ノーベル賞に“最も近い”日本人 越境作家、多和田葉子さんが紡ぐ多様な世界 - 産経ニュース このページのメインコンテンツへジャンプ 速報 ...

 · 多和田葉子がドイツの修道院に滞在したときの経験をもとに書かれた小説『尼僧のキューピッドの弓』本作は紫式部文学賞を受賞した意欲作です。 主人公である日本人の「わたし」は1000年の歴史を持つドイツの尼僧修道院を訪れます。

多和田葉子(たわだ・ようこ) 1960年、東京都生まれ。小説家、詩人。82年よりドイツに在住し、日本語とドイツ語で作品を手がける。92年『犬婿入り』で芥川賞、2011年『雪の練習生』で野間文芸賞、2018年『献灯使』で全米図書賞を受賞。

多和田葉子 賞 ⭐ LINK ✅ 多和田葉子 賞

Read more about 多和田葉子 賞.

9
10
11
12

Comments:
Guest
The more you say, the less people remember.
Guest

Make tomorrow another day and not today's sequel.

Guest
Time is not an enemy unless you try to kill it.
Calendar
MoTuWeThFrStSu