安部公房 ノーベル文学賞

安部公房 ノーベル文学賞

安部公房 ノーベル文学賞



ノーベル文学賞に最も近い日本人作家と言われながら、急死のため惜しくも受賞を逃した安部公房のまとめ。

安部 公房 (あべ こうぼう、1924年 (大正13年) 3月7日 - 1993年 (平成5年) 1月22日) は、日本の小説家、劇作家、演出家。本名は公房 (きみふさ) 。

ノーベル賞にもっとも近い作家と言われた「安部公房」の作品を読んだことがありますか?人間の深層意識を巧みに描き、固定観念に捕らわれない小説を沢山世に送り出してきた人物。蟻地獄の中で過ごす男女の物語『砂の女』は20数ヶ国で翻訳されるほどの名作に。

安部公房(あべ こうぼう 1924年~1993年)は日本の小説家です。モダンで知的かつ前衛的な世界観をもつ作品群が海外でも人気を高め、世界30数か国で翻訳出版されており、ノーベル賞に最も近い日本人作家とも呼ばれていました。そんな安部公房の代表作をご紹介します。

芥川賞作家であり、実験的な作風の小説を数多く執筆し、海外でも多数の賞を受賞した安部公房。晩年には、ノーベル文学賞の候補と目されていました。今回は安部公房のおすすめ作品を5点紹介します。

安部公房 ノーベル文学賞 ⭐ LINK ✅ 安部公房 ノーベル文学賞

Read more about 安部公房 ノーベル文学賞.

2
3
4
5

Comments:
Guest
Lost time is never found again.
Guest

To think too long about doing something often becomes its undoing.

Guest
Family reunions sometimes leave us with feud for thought.
Calendar
MoTuWeThFrStSu