宝物集 紫式部

宝物集 紫式部

宝物集 紫式部



16 紫式部堕獄(だごく)説とは何か 『源氏物語の謎』増淵勝一 著 - 国研ウェブ文庫 紫式部は『源氏物語』に、むやみと浮薄でなまめかしい話を書き集めて、多くの読者を堕落させたので、地獄に堕ちて苦しんでいるという伝説です(『今鏡』参照)。

概要. 源氏供養は、紫式部の亡霊が「『源氏物語』に狂言綺語を記して好色を説いた罪で地獄に落ちた」と告げたことから、その苦を救うとともに読者の罪障をも消滅させるために、法華経二十八品を各人が一品ずつ写経して供養した法会である 。. 源氏供養の由来は、仏教において、架空の ...

「宝物集(ほうぶつしゅう)」が該当。『新日本古典文学大系40 宝物集 閑居友 比良山古人霊託』(岩波書店)p229に紫式部が虚言をもって源氏物語をつくった罪により地獄におちたというくだりがあり。

デジタル大辞泉 - 源氏供養の用語解説 - 謡曲。三番目物。石山寺参詣の安居院(あぐい)の法印に、里女が源氏物語の供養を頼み、紫式部の霊が感謝の舞をまう。三島由紀夫の戯曲。をモチーフとする1幕の近代劇。昭和37年(1962)、雑誌「文芸」に発表。「近代能楽集」の九つめの作品とし...

鎌倉初期の仏教説話集。平康頼作説が有力。一巻本、二巻本、三巻本、七巻本の各系統に分かれるが、一巻本は1179年(治承3)ごろ、それを増補・改編したと思われる七巻本は1183年(寿永2)ごろの成立かと推定される。京都の嵯峨清凉寺の通夜のおりの座談の聞き書きという形をとっており

平安時代末期に成立した仏教説話集『宝物集(ほうもつしゅう)』や、鎌倉時代中期の説話集『今物語』では、「紫式部は『源氏物語』という嘘を広めて多くの人の心を惑わしたために、地獄に落ちた」という話が収録されています。

だが『宝物集』や『今物語』では堕獄した紫式部のためにこれを供養するという思想 が現れ、これが「源氏供養」ないし「源氏講式」と呼ばれる催しに展開していく(8)。

 · - 自分と自分の宇宙は無い - 科学誌「Nature」で発表された量子力学の実験結果が示す革命的な世界観 - Duration: 23:43. nTechチャンネル Recommended for you

 · 紫式部が「妄語戒」によって地獄に落ちたという話の内容を教えて下さい。それだったら、もっと地獄に落ちてもいい方はいらっしゃるような気がするのですが。 インターネットで「今鏡」を調べていました。 下記のご回答者様、紫式部...

今昔物語集: 1126年 金葉和歌集: 金葉和歌集: 1151年: 詞花和歌集: 1170年: 今鏡: 1179~1188年: 宝物集: 12世紀半ば: とりかへばや物語: 1180年: 梁塵秘抄: 1187年: 千載和歌集: 1190年: 山家集: 1195年: 水鏡: 1196~1202年: 無名草子: 1205年: 新古今和歌集: 1212年: 方丈記 無明抄 ...

宝物集 紫式部 ⭐ LINK ✅ 宝物集 紫式部

Read more about 宝物集 紫式部.

6
7
8
9

Comments:
Guest
Happiness is a way station between too much and too little.
Guest

Don't waste time and energy setting your hopes for your children higher than your example

Guest
Grandchildren are God's way of compensating us for getting old.
Calendar
MoTuWeThFrStSu