室生 犀星 芥川 龍之介

室生 犀星 芥川 龍之介

室生 犀星 芥川 龍之介



室生犀星氏は、性格的にも、芥川氏の対照に立つ文学者である。 彼は知性の人でなくして感性の人であり、江戸ツ子的神経の都会人でなくして、粗野に逞しい精神をもつた自然人であり、不断に燃焼するパツシヨンによつて、主観の強い意志に生きてる行動 ...

今回は、芥川龍之介との最後の別れを振り返った内容となっています。また、この随筆集に収められている他の芥川龍之介についての随想を取り上げ、紹介しております。内容としては、室生犀星と萩原朔太郎に芥川龍之介、この3人の食事何処や交流がどんなものであったかが伺えます。

芥川龍之介の人と作 室生犀星 [やぶちゃん注:昭和二(一九二七)年六月号の『新潮』に掲載され、後に作品集「天馬の脚」(昭和四(一九二九)年)及び「芥川龍之介氏の人と作」(昭和一八(一九四三)年)に所収された(但し、再錄に際してはかなり ...

室生犀星 まだそんなに親しい方ではなく、多分三度目くらいに訪ねた或日、芥川の書斎には先客があった。 先客はどこかの雑誌の記者らしく、芥川に原稿の強要をしていたのだが、芥川は中央公論にも書かなければならないし、それにも未だ手を付けてい ...

その夜さらに、室生犀星君と連れだち、三人で田端の料理屋で鰻を食べた。その時芥川君が言つた。 「室生君と僕の關係より、萩原君と僕のとの友誼の方が、遙かにずつと性格的に親しいのだ。」 この芥川君の言は、いくらか犀星の感情を害したらしい。

室生犀星與芥川龍之介同樣住在田端,也互有交往。 「或る女」回想中的「こら芥川!」可能是源自於芥川的《出来上った人》中「或はこれも室生の為に「こりゃ」と叱られるものかも知れない。」一文。

芥川 龍之介(あくたがわ りゅうのすけ、1892年〈明治25年〉3月1日 - 1927年〈昭和2年〉7月24日)は、日本の小説家。 本名同じ、号は 澄江堂主人 ( ちょうこうどうしゅじん ) 、俳号は我鬼。. その作品の多くは短編小説である。 また、『芋粥』『藪の中』『地獄変』など、『今昔物語集』『宇治 ...

5月帰郷。7月改造文庫で『新選室生犀星集』刊行。9月春陽堂から『芥川龍之介・室生犀星篇』(明治大正文学全集第45巻)刊行。11月第一書房から萩原朔太郎編による『室生犀星詩集』刊行。12月旧『驢馬』同人懇親会。同月、改造文庫『室生犀星詩集』刊行。

室生 犀星 芥川 龍之介 ⭐ LINK ✅ 室生 犀星 芥川 龍之介

Read more about 室生 犀星 芥川 龍之介.

3
4
5
6
7

Comments:
Guest
Marriage is made in heaven--so is thunder and lightning.
Guest

You make more friends by being interested in them than by trying to get them interested in you.

Guest
A friend is long sought, hardly found and with difficulty kept.
Calendar
MoTuWeThFrStSu