小澤 征爾 と 村上 春樹

小澤 征爾 と 村上 春樹

小澤 征爾 と 村上 春樹



Amazonで小澤 征爾, 村上 春樹の小澤征爾さんと、音楽について話をする。アマゾンならポイント還元本が多数。小澤 征爾, 村上 春樹作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また小澤征爾さんと、音楽について話をするもアマゾン配送商品なら通常配送無料。

始めに――小澤征爾さんと過ごした午後のひととき 村上春樹 第一回 ベートーヴェンのピアノ協奏曲第三番をめぐって 最初にブラームスのピアノ協奏曲第一番

 · 小澤征爾と村上春樹による対談本『小澤征爾さんと、音楽について話をする』(新潮社刊)に登場した音楽を3枚のcdに収録。 二人が実際に耳にした音楽を聴きながら、二人の会話をより親密に感じることのできる内容になっています。

ジャズと同じようにクラシックにも精通する村上春樹が小澤征爾と音楽について語りあうようになったのは、2009年12月、小澤が食道ガンを告知されてかららしい。

小澤征爾×村上春樹 二人が語った音楽を聴き尽くす。 文学界のマエストロと音楽界のマエストロが語り合った至福の時間がついにCD化。 2012年度の「小林秀雄賞」を受賞したベストセラー本『小澤征爾さんと、音楽について話をする』(新潮社)。

小澤征爾x村上春樹 音楽と文学。 音楽と文学は使うツールがまったく違う。かたや、「音」であり、もう一方は「文字」。音楽は「聴き」、文学は「読む」。そんなまったく違う分野を究めた二人が出会った時、なにが共通話題となるのか。

村上春樹、小澤征爾著「小澤征爾さんと、音楽について話をする」という本を読みました。 この本は具体的な示唆や技術を得るというよりは、小説と音楽の世界のそれぞれの孤高といってもいい二人の会話の中にある雰囲気のようなものをゆっくりと味わうようなものなのかも。

小澤征爾さんと村上春樹の対談集の中のグスタフ・マーラーについて語られた部分が刺激になって、さっそくマーラーの交響曲第一番のCDを買ってきて聞いた。それも彼等が特にこだわっていた演奏であるサイトウ・キネン・オーケストラの音だ。

小澤征爾×村上春樹著「小澤征爾さんと、音楽について話をする」を読んで 照る日曇る日第481回 クラシックとジャズに一家言ある作家だからこういう対話集を出してもおかしくはないが、それが小澤征爾とはちょっと意外だった。

『小澤征爾さんと、音楽について話をする』村上春樹共著 新潮社 2011.11 isbn 978-4103534280 『小澤征爾さんと、音楽について話をする』(新潮文庫) 2014.6 isbn 978-4101001661; 主な録音. ラヴェル管弦楽全集(ボストン交響楽団)(ドイツ・グラモフォン)

小澤 征爾 と 村上 春樹 ⭐ LINK ✅ 小澤 征爾 と 村上 春樹

Read more about 小澤 征爾 と 村上 春樹.

5
6
7
8
9

Comments:
Guest
Years wrinkle the skin, but lack of enthusiasm wrinkles the soul.
Guest

Be cautious--Opportunity does the knocking for temptation too.

Guest
People who look for the easy way out seem to have trouble finding an exit.
Calendar
MoTuWeThFrStSu