小説家 安部公房

小説家 安部公房

小説家 安部公房



安部 公房 (あべ こうぼう、1924年 (大正13年) 3月7日 - 1993年 (平成5年) 1月22日) は、日本の小説家、劇作家、演出家。本名は公房 (きみふさ) 。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - 安部公房の用語解説 - [生]1924.3.7. 東京[没]1993.1.22. 東京小説家,劇作家。本名,公房 (きみふさ) 。 1948年東京大学医学部卒業。敗戦,父の死のショックもあってインターンを放棄,『近代文学』および「夜の会」に参加,特に後者のリーダー花田清輝や ...

1924年~1993年没、本名は公房(きみふさ)、ペンネームは公房(こうぼう)の安部は、小説家としてだけではなく政治の党大会にて批判を表明したり、自身で劇団を立ち上げたりするなど多岐にわたって活動をしていました。

小説家「安部公房」論 安部公房の試み ~世界最前衛であり続ける理由~ 作家安部公房を一言で評する時、 最も相応しく、頻繁に形容される言葉は、 『前衛文学の旗手』 であろう。 事実この言葉には、安部文学のあらゆる特徴が

小説家安部公房としてではなく、一人の人として、 安部公房が心血を注いだライフワークの啓蒙と、その評価にありました。 安部公房という才人が、長い年月をかけてあたためてきた前人未踏の研究が、 表に出ず、評価もされていない状況。

安部 公房 あべ・こうぼう(1924年3月7日 - 1993年1月22日)小説家、劇作家。東京府生まれ。東京大学医学部卒。三島由紀夫らとともに第二次戦後派の作家として活躍。主な作品に『壁 - s・カルマ氏の犯罪』、『砂の女』、『他人の顔』、

小説家 安部公房 ⭐ LINK ✅ 小説家 安部公房

Read more about 小説家 安部公房.

5
6
7
8
9
10

Comments:
Guest
The smallest deed is better than the greatest intention.
Guest

People who look for the easy way out seem to have trouble finding an exit.

Guest
Marriage is like any other job--it's much easier if you like the boss.
Calendar
MoTuWeThFrStSu