尼塚 祟り 清少納言

尼塚 祟り 清少納言

尼塚 祟り 清少納言



これは心ない漁師 の 清少納言へ の いたずらがもとで起こったんで 、 なんとか清少納言へお詫びをして祟りを止めてもらわんかちゅ う ことになった 。 ほんで 、 建てられたんが 「 尼塚 」 じゃ 。

里浦村城ヶ峯の麓老松の下にあり、元禄年間の改築にかかる花崗石の五重の塔は、名のみの一小宇僅かに之を蔽ひ、塔側には小庵ありて香華をひさぐ、あま塚は海士塚にて男狭磯の墓と云ひ、或は尼塚にて清少納言の墓と稱し、後者につきては殊に牽强府會の説を傅ふるも、本村限村長 村幸八 ...

昔、清少納言が流されてきたとき、粟津と里の人たちが着物を剥ぎ取ったので、裸を恥じて砂に潜って死んでしまった。その祟りで病気が急に多くなったという。

これは心ない漁師の清少納言への いたずらがもとで起こったんで、なんとか清少納言へお詫びをして祟りを止めて もらわんかちゅうことになった。 ほんで、建てられたんが「尼塚(あまづか)」じゃ。塚を建て、浦のもんがおまつり

麻植塚には面積約五坪、高さ三尺位の古墳のようなものがあって「麻植の神塚」と呼ばれている。塚の上には今倉某の石碑が数基あって、付近の地名を塚西、塚東と呼び、忌部の氏人 今鞍進士(いまくらのしんし)の祖を祀った所と伝えられ、付近に今倉姓があり、…

高松塚古墳 . 天平文化 2つの歴史書 ... 11世紀初め、 清少納言 ... 災いを起こす怨霊(例:菅原道真)や疫神を慰め、祟りを逃れようとする鎮魂の祭礼 ...

尼塚 祟り 清少納言 ⭐ LINK ✅ 尼塚 祟り 清少納言

Read more about 尼塚 祟り 清少納言.

6
7
8
9

Comments:
Guest
A cheerful friend is like a sunny day.
Guest

Work as though everything depended on you, and pray as though everything depended on God.

Guest
An optimist is a person who sticks on the stamp before addressing the envelope.
Calendar
MoTuWeThFrStSu