川の流れは 鴨長明

川の流れは 鴨長明

川の流れは 鴨長明



方丈記『ゆく川の流れ』 このテキストでは、鴨長明が書いた方丈記の一節「ゆく河の流れ」(ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず〜)の現代語訳・口語訳とその解説を記しています。 ※方丈記は鎌倉時代に鴨長明によって書かれた随筆です

鴨長明. 行く川のながれは絶えずして、しかも本の水にあらず。 ... の木の丸殿もかくやと、なかなかやうかはりて、いうなるかたも侍りき。日々にこぼちて川もせきあへずはこびくだす家はいづくにつくれるにかあらむ。 ...

鴨長明の生きた時代は、戦乱が多く、天災や火災も多かったということが、『方丈記』の中に描かれています。 世の中に常なるものがないけれども、河の流れ自体は絶えないというある種の「歴史観」を、鴨長明は河にたとえて描きました。

鴨長明(1155~1216年) 方丈記 平安後期~鎌倉前期に活躍した歌人です。 訳(かってに、テン子現代語訳) :川の流れはとどまることなく流れ続けている。 そこにあった水も常に同じところに居続けるこ …

ゆく川の「流れ」は決して絶えることはありません。 時間を止めることは不可能です。 しかし、その「流れ」の舞台となる「川」自体は、いつ何時だって、“いまここ”に、“いまここ”そのものとして、寸分も変わることなく、あり続けるのです。

 · 鴨長明『方丈記』の冒頭 〈原文〉 ゆく川の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず。よどみに浮ぶうたかたは、かつ消えかつ結びて久しくとゞまりたるためしなし。世の中にある人とすみかと、またかくの如し。 〈現代語訳〉

 · 鎌倉時代の初期、1212年に鴨長明(かものちょうめい)が書いたのが、方丈記(ほうじょうき)です。 方丈記といえば、冒頭の「ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず…」という文章が有名で、教科書などで学んだ記憶がある方も多いと思います。

人やその人たちが住んでいる場所を川の流れや水の泡に例えた美しい文章からは、鴨長明の芸術的感性の高さがうかがえます。しかしそれ以前に、どこかはかない印象を与えるこの文章には、やはり鴨長明の悲しき無常が表れていると言えるでしょう。

方丈記 - 一 『ゆく川の流れは絶えずして…』 (原文・現代語訳)

川の流れは 鴨長明 ⭐ LINK ✅ 川の流れは 鴨長明

Read more about 川の流れは 鴨長明.

6
7
8
9
10
11

Comments:
Guest
Always hold your head up, but keep your nose at a friendly level.
Guest

Drivers' licenses do not revoke walking privileges.

Guest
Most of us know how to say nothing, but few of us know when.
Calendar
MoTuWeThFrStSu