川の話 井上靖

川の話 井上靖

川の話 井上靖



井上靖旧邸(道の駅天城越え内) アジア博物館・井上靖記念館(鳥取県米子市大篠津町) 井上靖記念室(神奈川近代文学館内) 井上靖記念室(日本現代詩歌文学館内) 井上靖記念室(長浜市立高月図書館内) その他. 日本中国文化交流協会 設立に関わった。

「川の話」 私が川が好きだというのも、川というものはどんな川でも、みな海へ出ようとする一途さを持っているからでしょうか。 「川の話」 1955(昭和30)年7月『世界』へ発表。井上靖48歳。 『井上靖全集第5巻』1995(平成7)年9月、新潮社へ収録。

大きい川、美しい川、鋭い川、若が感じがする川、立派な川、どの川にも独特の表情がある。そして、様々に好きな川があった。“私”が好きな川の一つに天竜川があったが、何回目かに訪れた天竜川で、ダムの工事を見に行くことになる。

やはり川の傍に人間の生活があった時、その川が生き生きとして美しいものに感じられる。」 「川の話」 昭和38年7月7日付 『朝日新聞』pr版 井上56歳 『井上靖全集 第26巻』1997年9月、新潮社へ収録 なお、同名の小説『川の話』もある 。

川の流れを見ると、季節の移り変わりを感じないではいられない。作家井上靖は、『川の話し』という文章のなかで「川が好きで、多少人より多く川の表情やその長い胴體に關心を持っている」と記述する。そして「川を見ていいなあという氣持は誰の心の中にでもひそんでいるもの」と云い ...

川の話 井上靖 ⭐ LINK ✅ 川の話 井上靖

Read more about 川の話 井上靖.

2
3
4
5
6

Comments:
Guest
One today is worth two tomorrows.
Guest

People with coughs don't go to the doctor-- They go to the concert.

Guest
If the grass is greener in the other fellows yard, let him worry about cutting it.
Calendar
MoTuWeThFrStSu