川端 康成 ノーベル 賞 授賞 式

川端 康成 ノーベル 賞 授賞 式

川端 康成 ノーベル 賞 授賞 式



『美しい日本の私―その序説』(うつくしいにほんのわたし――そのじょせつ)は、川端康成の評論。1968年(昭和43年)12月10日、日本人として初のノーベル文学賞を授与された川端(当時69歳)が、12月12日にストックホルムのスウェーデン・アカデミーで行われた授賞記念講演において演説した芸術観・文化論である 。

川端 康成(かわばた やすなり、1899年(明治32年)6月14日 - 1972年(昭和47年)4月16日)は、日本の小説家、文芸評論家。大正から昭和の戦前・戦後にかけて活躍した近現代日本文学の頂点に立つ作家の一人である。1968年、ノーベル文学賞受賞。

川端康成が受賞したのは1968年で、アカデミーが発表した授賞理由は、「日本人の心の精髄を優れた感受性で表現する、その物語の巧みさ」という ...

川端康成文学賞について この賞は故川端康成氏の残された偉大な業績を長く後世に伝えるために、昭和四十七年に設立された財団法人・川端康成記念会の事業の一環で、本賞、賞金等は故人の受けた「ノーベル文学賞賞金」を基金としています。

ノーベル賞授賞式に羽織袴で登場した川端康成は、古典文学や芸術を紹介しながら日本の死生観を述べ、聴衆の深い感銘を誘った。その表題作を中心に、今、日本をとらえなおすための傑作随筆を厳選収録。

2019年2月4日(月)放送。1968年に日本人初のノーベル文学賞を受賞した川端康成。その時、同時に候補となっていたのが、三島由紀夫だったことが ...

1968年、川端康成は日本人として初のノーベル文学賞を授与され、ストックホルムでの授賞式には紋つき袴の正装で出席、格調高い日本語でスピーチを行い、深い感銘を与えた。本書はその全文である。(amazonの商品説明より)

実は、ノーベル賞授賞式に和服で出席されるのは本庶佑先生が初めてというわけではなく、 1968年に文学賞を受賞した川端康成も和服で出席 されたそうです。 和服でノーベル賞授賞式にのぞむのは川端康成依頼の半世紀ぶりということですね。

川端自身、氏が自分の作品の翻訳者であったことが、受賞にも大きくつながった、と語っていたようである。 サイデンステッカーは、川端のノーベル賞授賞式にも同行し、川端の記念講演である「美しい日本の私─その序説」の通訳まで担当したのだった。

川端 康成 ノーベル 賞 授賞 式 ⭐ LINK ✅ 川端 康成 ノーベル 賞 授賞 式

Read more about 川端 康成 ノーベル 賞 授賞 式.

9
10
11

Comments:
Guest
If you really want the world to beat a path to your door, try taking a nap.
Guest

Drivers' licenses do not revoke walking privileges.

Guest
When I can't handle events, I let them handle themselves.
Calendar
MoTuWeThFrStSu