川端 康成 伊豆 の 踊子 あらすじ

川端 康成 伊豆 の 踊子 あらすじ

川端 康成 伊豆 の 踊子 あらすじ



今回は 『伊豆の踊子(おどりこ)/川端康成』のあらすじと要約 です。 「川端康成」と聞けば誰しも「伊豆の踊子」と「雪国」を思い出すほどの名作ですね。 今回の伊豆の踊子は川端康成の出世作であり、全編を通して新鮮な感覚が流れ、青春文学の最高傑作といわれています。

『伊豆の踊子』(いずのおどりこ)は、川端康成の短編小説。川端の初期の代表作で、伊豆を旅した19歳の時の実体験を元にしている 。孤独や憂鬱な気分から逃れるため伊豆へ一人旅に出た青年が、修善寺、湯ヶ島、天城峠を越え湯ヶ野、下田に向かう旅芸人一座と道連れとなり、踊子の少女に淡い恋心を抱く旅情と哀歓の物語。孤児根性に歪んでいた青年の自我の悩みや感傷が、素朴で清純無垢な踊子の心によって解きほぐされていく過程と、彼女との悲しい別れまでが描かれている 。

 · 川端康成「伊豆の踊子」のあらすじを簡単にご紹介します。物語は自分の存在価値に悩む青年が旅をするところから始まります。青年は憂鬱が嫌になって一人で伊豆に出かけます。彼は旅芸人に出会い、一人の踊り子に心を惹かれるのです。

 · 「伊豆の踊子」は1926年、大正15年の作品、作者の伊豆での旅行体験を元に描かれた小説です。 あらすじ 「私」は伊豆半島旅行で旅芸人(男1名女4名)と同行になります。若い踊り子にほのかな恋心を抱きます。彼らと行動をともにしてゆくなかで、孤児である私の心は癒されます。

1926年(大正15年)、雑誌『文藝時代』1月号に「伊豆の踊子」2月号に「続伊豆の踊子」として分載。翻訳も世界各国で行われている。川端康成、当時27歳。川端康成の初期を代表する名作で19歳の時の実体験をもとにしている。

 · 川端康成「伊豆の踊子」のあらすじを簡単にご紹介します。物語は自分の存在価値に悩む青年が旅をするところから始まります。青年は憂鬱が嫌になって一人で伊豆に出かけます。彼は旅芸人に出会い、一人の踊り子に心を惹かれるのです。

 · 映画『伊豆の踊子(1974)』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『伊豆の踊子(1974)』の作品情報・概要『伊豆の踊子』(いずのおどりこ)は川端康成の同名小説を原作として製作された日本映画。1974年(昭和49年)12月公開。

川端 康成(かわばた やすなり、1899年(明治32年)6月14日 - 1972年(昭和47年)4月16日)は、日本の小説家、文芸評論家。 大正から昭和の戦前・戦後にかけて活躍した近現代日本文学の頂点に立つ作家の一人である。 1968年、ノーベル文学賞受賞。. 大阪府出身。 東京帝国大学 国文学科卒業。

川端 康成 伊豆 の 踊子 あらすじ ⭐ LINK ✅ 川端 康成 伊豆 の 踊子 あらすじ

Read more about 川端 康成 伊豆 の 踊子 あらすじ.

2
3
4
5
6
7

Comments:
Guest
Give what you have; to some it may be better than you dare to think.
Guest

Another reason you can't take it with you--it goes before you do.

Guest
The best attitude to have it gratitude.
Calendar
MoTuWeThFrStSu