川端 康成 伊豆 の 踊子 冒頭

川端 康成 伊豆 の 踊子 冒頭

川端 康成 伊豆 の 踊子 冒頭



【「雪国」川端康成】国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、「駅長さあん、駅長さあん」明りを ...

 · 川端康成 氏です。 「伊豆の踊子」小説の冒頭の部分で、「湯ヶ島の二日目の夜、宿屋へ流して来た。踊子が玄関の板敷で踊るのを、私は梯子段の中途に腰を下して一心に見ていた。

川端康成 『伊豆の踊子』(改版) 新潮文庫、2003年5月。 isbn 978-4-10-100102-9。 初版は1950年8月。 川端康成 『伊豆の踊子・温泉宿 他四篇』(改版) 岩波文庫、2003年9月。 isbn 978-4-00-310811-6。 初版は1952年2月。 川端康成 『伊豆の旅』(改版) 中公文庫、2015年11月。

川端康成の代表的短編小説! ノーベル文学賞を受賞された作家で「言葉の天才」とも言われる川端康成。 作品自体は読んでいなくても冒頭部分は知っているという方も多いのではないでしょうか。 特に有名なものを2つ。 『伊豆の踊子』の冒頭。

川端康成といえば、ノーベル文学賞を受賞したことで有名ですね。日本的抒情文学の最高峰ともいわれる文体で特に作品の冒頭部分が印象的で作品自体は読んでなくても冒頭部分だけは知っているという方も多いのではないでしょうか?

ビジネス書・実用書などの価値の高い本の情報が記事単位で読める犬耳書店。『行間力』収録『7 名作は冒頭に描き切る──川端康成『伊豆の踊子』』([著]宮川俊彦)

ちなみに、「伊豆の踊子」の英語訳には「The Dancing Girl of Izu」とサイデンステッカーの「The Izu Dancer」がある。 話は変わるが、川端康成の文章表現で有名なのは「雪国」の冒頭だろう。

 · 「伊豆の踊子」は1926年、大正15年の作品、作者の伊豆での旅行体験を元に描かれた小説です。 あらすじ 「私」は伊豆半島旅行で旅芸人(男1名女4名)と同行になります。若い踊り子にほのかな恋心を抱きます。彼らと行動をともにしてゆくなかで、孤児である私の心は癒されます。

川端康成著. 第一章 道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思うころ、雨足が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。. 私は二十歳、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。

川端 康成 伊豆 の 踊子 冒頭 ⭐ LINK ✅ 川端 康成 伊豆 の 踊子 冒頭

Read more about 川端 康成 伊豆 の 踊子 冒頭.

2
3
4
5

Comments:
Guest
Forget the troubles that passed away, but remember the blessings that come each day.
Guest

If at first you do succeed, hide your astonishment.

Guest
There is no happiness for people when it comes at the expense of other people.
Calendar
MoTuWeThFrStSu