川端 康成 山 の 音 研究

川端 康成 山 の 音 研究

川端 康成 山 の 音 研究



川端康成研究--「山の音」を中心にして 南雲 妙子 日本文学 (26), 95-112, 1966-03

川端康成『山の音』研究 平川祐弘,鶴田欣也編著 明治書院, 1985.9

川端康成『山の音』と能 : 信吾のカタルシス 森下 涼子 , Ryoko MORISHITA 日本語日本文学 (24), 61-77, 2014-03-20

Meiji University Title 川端康成『山の音』 -捨象された〈写実〉の連鎖-Author(s) 熊澤,真沙歩 Citation 文学研究論集, 49: 199-216

『山の音』(やまのおと)は、川端康成の長編小説。戦後 日本文学の最高峰と評され 、第7回(1954年度)野間文芸賞を受賞 。 川端の作家的評価を決定づけた作品として位置づけられている 。 老いを自覚し、ふと耳にした「山の音」を死期の告知と怖れながら、息子の嫁に淡い恋情を抱く主人 ...

川端康成『山の音』研究 <山の音> ¥ 1,150 (送料:¥360~) 平川祐弘, 鶴田欣也 編著 、明治書院 、昭和60年 、435p 、22cm 、1冊

戦後の川端康成 -「千羽鶴」・「山の音」まで- 保昌 正夫 国文学研究 30, 70-77, 1964-10-20

平川祐弘「川端康成におけるaestheticizing―『朝の爪』に見られる一原型―」 萩原孝雄「二人の老プレイボーイあるいは好色者のこと―『山の音』と『瘋癲老人日記』における距離と象徴―」

『山の音』論 『古都』論 川端康成の文学的世界 日本近代文学における川端の位相 川端的なるものの文学的諸相と特質及び川端研究の今後の課題 考) 林鍾碩主要研究業績目録(平成四年三月現在) 9 臼 3 【 d 7 7 8 1 1 1 1 1 1 19 序論 川端康成研究の課題 一 ...

川端 康成(かわばた やすなり、1899年(明治32年)6月14日 - 1972年(昭和47年)4月16日)は、日本の小説家、文芸評論家。 大正から昭和の戦前・戦後にかけて活躍した近現代日本文学の頂点に立つ作家の一人である。 1968年、ノーベル文学賞受賞。. 大阪府出身。 東京帝国大学 国文学科卒業。

川端 康成 山 の 音 研究 ⭐ LINK ✅ 川端 康成 山 の 音 研究

Read more about 川端 康成 山 の 音 研究.

3
4
5
6
7

Comments:
Guest
It's not only quiet people who don't say much.
Guest

In the good old days, Uncle Sam lived within his income...and without most of ours.

Guest
If you're looking for a long rest, be on time for an appointment.
Calendar
MoTuWeThFrStSu