川端 康成 有名 作品

川端 康成 有名 作品

川端 康成 有名 作品



 · 【ホンシェルジュ】 川端康成は日本初のノーベル文学賞作家。鋭い洞察と柔らかな文体で書かれた彼の作品は、今もなお、多くの作家に影響を与えています。時に切なく、時に官能的。そんな美しい文章をとことん味わえる、川端康成の10作品をご紹介します。

川端 康成(かわばた やすなり、1899年(明治32年)6月14日 - 1972年(昭和47年)4月16日)は、日本の小説家、文芸評論家。 大正から昭和の戦前・戦後にかけて活躍した近現代日本文学の頂点に立つ作家の一人である。 1968年、ノーベル文学賞受賞。. 大阪府出身。 東京帝国大学 国文学科卒業。

川端康成(かわばたやすなり)は『伊豆の踊子』『雪国』などの代表作がある日本の作家です。 川端は明治32年(1899)6月14日、現在の大阪府・茨木市に生まれ、東京帝国大学(現:東京大学)に入学後は第六次『新思潮』を立ち上げ、作家活動を本格化させます。

 · 川端康成といえば、ノーベル文学賞を受賞した超有名作家ですが、その作品のいったいどこがそんなに“すごい”のでしょうか? 今回は私が自信をもって皆さまにその「すごみの有り様」をお届けすると同時に、「川端康成のおすすめ作品」をお伝えしたい ...

ノーベル文学賞受賞作家・川端康成といえば、『雪国』や『伊豆の踊子』が有名ですが、愛憎劇、官能的かつ変態的な作品など、過激な作品もたくさんあります。ここではそんな川端康成のおすすめ作品を紹介しています。

『雪国』(ゆきぐに)は、川端康成の長編小説で、名作として国内外で名高い。雪国を訪れた男が、温泉町でひたむきに生きる女たちの諸相、ゆらめき、定めない命の各瞬間の純粋を見つめる物語 。 愛し生きる女の情熱の美しく哀しい徒労が、男の虚無に研ぎ澄まされた鏡のような心理の抒情 ...

今から50年前の1968年、小説家の川端康成が日本人で初めてノーベル文学賞を受賞した。氏の72年の生涯を振り返ると共に、「千羽鶴」に並ぶ代表作であり、海外でも人気の高い「雪国」について鶴見大学片山倫太郎教授に話 ...

 · それでも川端康成が世に残した秀逸な作品は、未だに多くの人々に愛され続けています。 そして、それらの作品は紛れもなく、そんな川端康成だからこそ書けた作品でもあるのです。 スポンサードリンク 川端康成の人生を年表でわかりやすく解説!

川端 康成 有名 作品 ⭐ LINK ✅ 川端 康成 有名 作品

Read more about 川端 康成 有名 作品.

7
8
9
10
11
12

Comments:
Guest
Pick your friends, but not to pieces.
Guest

Some people know lots more than they tell-- Some don't.

Guest
The best attitude to have it gratitude.
Calendar
MoTuWeThFrStSu