川端 康成 踊り子

川端 康成 踊り子

川端 康成 踊り子



『伊豆の踊子』(いずのおどりこ)は、川端康成の短編小説。川端の初期の代表作で、伊豆を旅した19歳の時の実体験を元にしている 。孤独や憂鬱な気分から逃れるため伊豆へ一人旅に出た青年が、修善寺、湯ヶ島、天城峠を越え湯ヶ野、下田に向かう旅芸人一座と道連れとなり、踊子の少女に淡い恋心を抱く旅情と哀歓の物語。孤児根性に歪んでいた青年の自我の悩みや感傷が、素朴で清純無垢な踊子の心によって解きほぐされていく過程と、彼女との悲しい別れまでが描かれている 。

このページでは『伊豆の踊子/川端康成【あらすじ・解説・簡単な要約・読書感想文】』を、”短く・わかりやすく” まとめています。新鮮な感覚が流れる、青春文学の最高傑作をどうぞお楽しみください!

Amazonで康成, 川端の伊豆の踊子 (新潮文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。康成, 川端作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また伊豆の踊子 (新潮文庫)もアマゾン配送商品なら通常配送 …

 · 「伊豆の踊子」は1926年、大正15年の作品、作者の伊豆での旅行体験を元に描かれた小説です。 あらすじ 「私」は伊豆半島旅行で旅芸人(男1名女4名)と同行になります。若い踊り子にほのかな恋心を抱きます。彼らと行動をともにしてゆくなかで、孤児である私の心は癒されます。

 · 人生の孤独に悩む多感な高校生が 伊豆へひとり旅に出る。 山道で出会った旅芸人の一団。 その中の踊子に心を惹かれてゆく。 大人の社会から ...

川端康成が初めて伊豆に旅行したのは大正7年でしたから、東京から東海道線で国府津まで来て御殿場線経由で旧三島駅(現 下土狩駅)で降りて、駿豆鉄道に乗り換えて大仁まで来たのではないかと思います。 ... 踊り子号で東京から約2時間の旅です。 ...

川端康成著. 第一章 道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思うころ、雨足が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。. 私は二十歳、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。

伊豆の踊子の宿、福田家は旧伊豆の国(現伊豆半島)の中央に位置する、天城山中に湧き出る河津温泉郷湯ヶ野温泉に、明治12年(1879年)創業いたしました。 日本初のノーベル文学賞作家・川端康成先生が19歳の時に訪れ、当館を舞台に「伊豆の踊子」を執筆されました。

川端 康成(かわばた やすなり、1899年(明治32年)6月14日 - 1972年(昭和47年)4月16日)は、日本の小説家、文芸評論家。 大正から昭和の戦前・戦後にかけて活躍した近現代日本文学の頂点に立つ作家の一人である。 1968年、ノーベル文学賞受賞。. 大阪府出身。 東京帝国大学 国文学科卒業。

川端 康成 踊り子 ⭐ LINK ✅ 川端 康成 踊り子

Read more about 川端 康成 踊り子.

3
4
5
6
7
8

Comments:
Guest
Give what you have; to some it may be better than you dare to think.
Guest

The best attitude to have it gratitude.

Guest
The most difficult part of getting to the top of the ladder is getting through the crowd at the bottom.
Calendar
MoTuWeThFrStSu