川端 康成 難しい

川端 康成 難しい

川端 康成 難しい



川端康成『雪国』(新潮文庫)を読みました。 川端康成については、『 千羽鶴 』のところでも多少触れました。 日本で数少ないノーベル文学賞の受賞作家で、名前は多くの人が知っていますが、実はあまり読まれることのない作家のような気がします。

 · 小説についての質問です。 川端康成さんの小説って難しいのですか??未だに読んだことがなくて、でも今度買ってみようかななんて思っています(*^_^*)なにか読み易くていいものがあれば教えてください。あ、あと宮部みゆ...

日本人が日本人について考えるとき、川端康成のことを除外しては、考えることは難しい。それは川端康成が日本人で初めて世界的権威があるノーベル文学賞を受賞したことを含まずに考えることが出来ないのと同じ要素を持っている。 それと同時に日本人が日本人について考えるとき、志賀 ...

川端康成も「国境のトンネルを抜けると、窓の外の夜の底が白くなった。」を「国境の長いトンネルを抜けるとそこは雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。」と短くしている。こうすることで文章に美しさとリズムが生まれる。 2.

川端康成の「美しい日本の私」を現在、読んでいます。10ページ読み進むのに、数時間を要するという難行です。かといって辛いわけではなく、むしろ、苦痛に似た快感を覚えています。若い時に何度かトライして挫折した記憶がある、この「美しい日本の私」。

川端康成は、三島由紀夫の 文学上の師匠であり、三島夫婦の媒酌人でもあった。 この師弟が、あることを境に、突然の不仲になる。 原因はノーベル賞である、と 番組ではいうのだが。

川端康成「山の音」新潮文庫 p348 引用 なぜオススメするのか? この本の主人公•信吾の息子の嫁に 呼び覚まされる初恋や 妻、子供らへの思いが四季の自然描写と あわせて静かにたんたんと 物語は進んでいく. 戦後の暗い影; 老いと死の予感; 移ろう四季

川端康成は、大学卒業後に作家の横光利一(よこみつ りいち)らと雑誌『文藝時代』を作り、新感覚派の作家として活躍しました。 ... 難しいと思われがちな純文学に、人々が親しむきっかけを作るために奮 …

この連載ではここまで、文豪たちの数々の名作を読んできました。『こころ』から始まり『痴人の愛』まで、6つの小説を恋愛学の見地から批評してきたわけですが、そのどれもが恋愛という夜空に舞う豪快な打ち上げ花火というべき作品ばかりでした。読みごたえがあり、圧倒される迫力が ...

川端の掌編小説. 初期の頃の35編は1926年(大正15年)6月15日に金星堂より刊行の処女作品集『感情装飾』に初収録された 。 その後の1930年(昭和5年)4月7日に新潮社より刊行の『僕の標本室』には、新作を加えた47編が収録され、1938年(昭和13年)7月19日に改造社より刊行の『川端康成選集第1巻 ...

川端 康成 難しい ⭐ LINK ✅ 川端 康成 難しい

Read more about 川端 康成 難しい.

3
4
5
6
7
8

Comments:
Guest
He who sows courtesy reaps friendship, and he who plants kindness gathers love.
Guest

Raising kids is like building buildings- -you've got to spend time with them.

Guest
A truly contented person enjoys the scenery along a detour.
Calendar
MoTuWeThFrStSu