川端 康成 雪国 温泉

川端 康成 雪国 温泉

川端 康成 雪国 温泉



越後湯沢温泉は川端康成の小説「雪国」の舞台。江戸時代は三国街道の静かな宿場町だったが、上越新幹線開業にともない一大スキーリゾートとして発展。近年は外国人観光客も多く訪れる。定番のコシヒカリや地酒に加え「へぎそば」や「もち豚」もおすすめ。

『雪国』(ゆきぐに)は、川端康成の長編小説で、名作として国内外で名高い。雪国を訪れた男が、温泉町でひたむきに生きる女たちの諸相、ゆらめき、定めない命の各瞬間の純粋を見つめる物語 。愛し生きる女の情熱の美しく哀しい徒労が、男の虚無に研ぎ澄まされた鏡のような心理の抒情に映されながら、美的に抽出されて描かれている 。

雪国巻頭の一節、文豪川端康成先生の名作「雪国」は高半「かすみの間」で、昭和9年の晩秋から昭和12年にかけて書かれたもので、当時の寂しい「雪国の宿」高半で島村と芸者駒子の非恋物語が詩のような美しい文章で書かれております。

「雪国館」という名のとおり、湯沢が舞台となった川端康成の小説「雪国」と、「雪国」湯沢の暮らしぶりや歴史を中心とした展示を行っております。小説を読む、映画や舞台を見る、といった以上に、心に深く迫ってくる日本画「雪国」。ぜひ一度当館を訪れ、そんな「雪国」の世界を感じて ...

川端康成の小説「雪国」。名作として国内外で名高く、読んだことはなくても、作者の名前やタイトルを1度は耳にしたことがあるはず。どこかの名もなき雪国で、旅に訪れた文筆家の島村と、そこに暮らす …

川端康成の小説「雪国」のヒロイン「駒子」にちなんで名付けられた温泉、「駒子の湯」を紹介します。 ※湯沢町共同浴場における新型コロナウイルス感染予防策については下記hpをご確認ください

新潟県 越後湯沢 雪国の宿 高半 100%天然の源泉を掛け流した温泉と、地産のこだわりの食材から作られる美味しい料理。絶景を眺めながら、癒しのひとときをどうぞ。

川端康成の小説『雪国』の舞台を巡るプラン教科書で必ず読むであろう「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった」で始まる有名な小説。そう、川端康成氏の『雪国』です。そしてその小説の舞台は「越後湯沢」なのです。

日本で初めてノーベル文学賞を受賞したことで名高い作家、川端康成。川端の数多い著作の中でも、特に『雪国』は「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった」という書き出しと相まって、彼の代表作として有名です。しかし、「歴史的な小説なのは知っているけ

川端 康成 雪国 温泉 ⭐ LINK ✅ 川端 康成 雪国 温泉

Read more about 川端 康成 雪国 温泉.

4
5
6
7
8
9

Comments:
Guest
The people who are hardest to convince they're ready for retirement are children at bedtime.
Guest

Don't give someone a piece of your mind unless you're ready to live with what's left.

Guest
Some people know lots more than they tell-- Some don't.
Calendar
MoTuWeThFrStSu