川端 康成 魔界

川端 康成 魔界

川端 康成 魔界



川端は1950年(昭和25年)に発表した小説『舞姫』の作中において初めて一休の書に触れ、「魔界」というものを作品主題にした (その詳細は、川端康成と「魔界」を参照)。

『舞姫』(まいひめ)は、川端康成の長編小説。川端が作中で初めて「魔界」という言葉を用いた作品である 。夢を諦めた元プリマ・ドンナの一家の孤独な人間関係を描いた物語。過去の舞姫の母から夢を託された娘、妻の財産にたかっている守銭奴の夫、親や国に対して冷めている息子、優柔不断な元恋人、といった無力感に取り巻かれた関係性の中に、敗戦後の日本で崩壊してゆく「家」と、美や充足を追い求め「乱舞」する人間の永劫回帰の孤独な姿が描かれている 。1951年(昭和26年)8月17日には、

川端康成の小説から「魔界」的な要素の文章を引用し取り上げ論じている。 「眠れる美女」論ではバタイユのエロティシズムでエロス論となり、おい脱線かよと思いきや、眠れる美女の密室は、魔界としかいいようのない世界、と軌道修正。

川端 康成(かわばた やすなり、1899年(明治32年)6月14日 - 1972年(昭和47年)4月16日)は、日本の小説家、文芸評論家。 大正から昭和の戦前・戦後にかけて活躍した近現代日本文学の頂点に立つ作家の一人である。 1968年、ノーベル文学賞受賞。. 大阪府出身。 東京帝国大学 国文学科卒業。

 · 「魔界」の目が彫塑する魔性の川端文学 川端康成は1899年(明治32)年6月14日、大阪府大阪市に生を受けました。生家川端家は、鎌倉幕府第3代 ...

拙著「魔界の住人 川端康成―その生涯と文学―」(勉誠出版、2014年8月30日刊行)第四章「戦時下の川端康成」から 切迫する戦況―昭和20年― 戦況は、切迫していた。

川端 康成 魔界 ⭐ LINK ✅ 川端 康成 魔界

Read more about 川端 康成 魔界.

7
8
9

Comments:
Guest
Happiness is a way station between too much and too little.
Guest

Some people have eyes that see not and ears that hear not, but never tongues that talk not.

Guest
Do not neglect to show hospitality to strangers, for thereby some have entertained angels unawares.
Calendar
MoTuWeThFrStSu