斎藤茂吉 紀貫之

斎藤茂吉 紀貫之

斎藤茂吉 紀貫之



人はいさ心も知らずふるさとは花ぞ昔の香ににほひける 紀貫之の百人一首に収録されている和歌の現代語訳と修辞法、詠まれた季節などの解説、鑑賞を記します。古今和歌集の選者であり、古今和歌集の序文「仮名序」の作者である紀貫之の和歌を読んでいきましょう。

泡立ちて湧きくる泉の香を好しと幾むすびしつけふの日和に -斎藤茂吉が肘折温泉を訪ねた際に詠んだ歌碑の歌は、炭酸の出る肘折温泉で”サイダーを飲んだ”おもしろいエピソードがあります。他にも肘折温泉滞在時に詠まれた短歌をご紹介します。

作者「紀貫之」を簡単にご紹介! (紀貫之 出典:Wikipedia) 紀貫之(きのつらゆき)は平安時代初期から中期にかけて活躍した歌人です。貞観 8 年( 866 年)ころ生まれ、天慶 8 年( 945 年)亡くなったのではないかとされます。

正岡子規 「貫之は下手な歌よみにて古今集はくだらぬ集に有之候」 この言葉は1898年(明治31年)正岡子規が書いた『歌よみに与ふる書』に書かれているものだ。子規は日本の最も伝統的な文学、短歌の世界で革命を断行し成功させた。

勿来の関について. 勿来関は、平安時代の武将源義家の「吹風をなこその関とおもへども・・・」の和歌をはじめ、紀貫之、小野小町、和泉式部、西行法師など、おなじみの歌人も和歌に詠んだ有名な歌枕で …

みなさんはをご存知でしょうか? 桜は日本の代表的な花の一つであり、「桜前線」としてニュースにもなるほど全国で開花を待ちわびる唯一の花です。 桜を愛でる心は万葉の時代から短歌(和歌)として詠 …

いわき市勿来関文学歴史館は、5月21日(木)から開館いたします。あわせて、企画展「斎藤茂吉と長塚節~勿来の関を訪れた歌人たち~」につきましても、5月21日(木)から開催いたします。

斎藤茂吉 紀貫之 ⭐ LINK ✅ 斎藤茂吉 紀貫之

Read more about 斎藤茂吉 紀貫之.

5
6
7
8

Comments:
Guest
Maybe people should swap problems-- Everyone, it seems, knows how to solve the other guy's.
Guest

Anyone who thinks there's safety in numbers hasn't looked at the stock market pages.

Guest
If you really want the world to beat a path to your door, try taking a nap.
Calendar
MoTuWeThFrStSu