朗読 谷崎 潤一郎

朗読 谷崎 潤一郎

朗読 谷崎 潤一郎



 · 谷崎潤一郎 作 平幹二朗 朗読 初出 「中央公論」1931年(昭和6年)1~2月号 画像は拾い物です。初視聴の方はまずお手元に岩波文庫版「吉野葛 ...

 · エスカレートする遊びの中で 少年と少女は 禁じられた快楽に目覚めていく..... 主人公たちはノーマルもアブノーマルも、 分からない年頃、自分 ...

 · 谷崎潤一郎 作 寺田農 朗読 初出 「中央公論」1933年(昭和8年)6月 画像はまたもや拾い物です、すみません。

 · 作:谷崎潤一郎 朗読:佐藤慶 初出:「新思潮」第3号 1910年(明治43年)11月

 · 作:谷崎潤一郎 朗読:佐藤慶 初出:「中央公論」1911年(明治44年)11月号

【朗読】 吹越満(俳優) ... 谷崎潤一郎という作家は、ずっと気になる存在でしたが、私にとっては、理解を絶する部分が多い作家でした。 ...

文豪谷崎潤一郎は男と女の関係を描き続けた作家だ。「刺青(しせい)」「春琴抄」「蓼食う虫」「細雪」「卍(まんじ)」「瘋癲(ふうてん)老人日記」「鍵」など50年以上に渡って話題作を発表し続け …

谷崎 潤一郎(たにざき じゅんいちろう、1886年(明治19年)7月24日 - 1965年(昭和40年)7月30日)は、日本の小説家。 明治末期から第二次世界大戦後の昭和中期まで、戦中・戦後の一時期を除き終生旺盛な執筆活動を続け、国内外でその作品の芸術性が高い評価を得た。

【ホンシェルジュ】 谷崎潤一郎は明治から昭和にかけて活躍した文豪。人々を虜にする妖艶な女性、その女性に翻弄される主人公という構図が多い彼の作品はちょっとアブノーマルな世界観が魅力的です。非日常の刺激を味わえる彼の、青空文庫で読めるおすすめ作品をご紹介します。

朗読 谷崎 潤一郎 ⭐ LINK ✅ 朗読 谷崎 潤一郎

Read more about 朗読 谷崎 潤一郎.

4
5
6
7
8

Comments:
Guest
Anyone who thinks there's safety in numbers hasn't looked at the stock market pages.
Guest

In the good old days, Uncle Sam lived within his income...and without most of ours.

Guest
Worry pulls tomorrow's cloud over today's bright sunshine.
Calendar
MoTuWeThFrStSu