村上 春樹 ウイスキー ボウモア

村上 春樹 ウイスキー ボウモア

村上 春樹 ウイスキー ボウモア



Amazonで春樹, 村上のもし僕らのことばがウィスキーであったなら (新潮文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。春樹, 村上作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またもし僕らのことばがウィスキーであったなら (新潮文庫)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

※写真は村上春樹がアイラ島にある小さなパブのカウンターで飲み比べをしたウイスキーです。 アードベッグ(20年、1979年蒸留) ラガヴリン(16年) ラフロイグ(15年) カリラ(15年) ボウモア(15年) ブルイックラディー(10年) ブナハーヴン(12年)

初めてのシングルモルトがボウモア12年でした。 村上春樹さんの『もし僕らのことばがウィスキーであったなら』に影響されたのもあったかと思います。 ほとんど家飲みで、僅かずつ様々飲みましたが、また飲みたいなと思うのはボウモアでした。

村上春樹とウィスキー ボウモア蒸留所 (bowmore) アイラ島の思い出 2013年の旅ですが、忘備録&これから行かれる方の参考としてブログに残しておきます

 · ボウモア. ボウモアに関しては、村上春樹は次のように言っている。 実際に飲んでみると、ボウモアのウィスキーにはやはり人の手の温もりが感じられる。「俺が俺が」という、直接的な差し出がましさはそこにはない。

この本『もし僕らのことばがウイスキーであったなら』を読んだ後、少しの間を置いて、自分は思わず唸ってしまいました。「良く書けている」。あまりにも失礼なことではありますが、これは作家の村上春樹氏の筆によるものです。氏の小説は何冊か読んだことがあります。

 · アイラ島には、7つの蒸留所があり、そこで作られているのが次の7つの シングル・モルト・ウィスキーだ。村上春樹の「もし僕らのことばがウィスキーであったなら」を読み、この7つのウィスキーを飲んでみよう。

そんなウイスキーを飲み進めていく日々のなかで、最近ふとしたことに気がつきました。 ... かの村上春樹 ... ちなみに「ボウモア12年」もブッかけましたが、こちらも無人島を食っているのではと思うような爆スケールのうまさでした。 ...

スモーキーな中にハチミツを思わせる、独特の香りのボウモアは「アイラモルトの女王」とも呼ばれるウイスキーです。アイラ島の中心部のボウモア村に蒸溜所ができたのは1779年のこと。アイラ島では最古、スコットランドでも二番目に古い蒸溜所です。

"ウイスキーの聖地"とも呼ばれるアイラ島で造られる「アイラウイスキー」。ほとんどの蒸留所が海に面しており、個性的な香りがするのが特徴です。今回は、アイラウイスキーのおすすめ銘柄をご紹介。産地の特徴や種類の違いを理解すると楽しみが広がります。

村上 春樹 ウイスキー ボウモア ⭐ LINK ✅ 村上 春樹 ウイスキー ボウモア

Read more about 村上 春樹 ウイスキー ボウモア.

2
3
4
5
6

Comments:
Guest
Contentment is contagious.
Guest

We never miss the music till the sweet-voiced bird has flown.

Guest
The difficulties of life are intended to make us better, not bitter.
Calendar
MoTuWeThFrStSu