村上 春樹 書評

村上 春樹 書評

村上 春樹 書評



2020.10.05; 書評; 偶然に織り成された唯一の「私」――村上春樹『一人称単数』における回想と虚構の交錯(後篇)

 · 加藤 典洋『村上春樹は、むずかしい』への橋爪 大三郎の書評。正義がはっきりしない世界への転換本格的な批評の書である。村上春樹の長編も短編も博物館の陳列のように、ラベルを貼って並べて解明される。私が作者本人なら生きた心地もしない。

 · 村上春樹による翻訳書がまた出た。カーソン・マッカラーズの名作『心は孤独な狩人』(新潮社)の新訳を8月に出した ...

村上春樹の新作『一人称単数』には、8つの短編が並んでいる。短歌をつくる「彼女」との些細な思い出を描いた「石のまくら」、かつて ...

村上春樹の作品は発刊されるたびに毎回さまざまな意見が飛び交います。大量入荷のわりに売れ行きがあまり良くなかったという話もある本作ですが、今回は『騎士団長殺し』の意見が大きく分かれるポイントを解説していきたいと思います。

・村上春樹作品の謎解き(感想・考察・書評)(ネタバレあり) ・別ブログ(「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」は推理小説である)、(古上織蛍の日々の泡沫)もよろしくお願いします。

村上春樹氏は、特定の答えよりも読む人の解釈を無数に生み出すような世界を描いたのだと思います。 ・宗教的役割 以下は私の解釈となりますが、曖昧に描かれてはいるものの、一貫して明確に存在するのが 愛と輪廻 だと思います。

「村上春樹の本ってどれから読むのがいいんだろう…?」「村上春樹の本で初心者でも読めるのってどれだろう?」 世界中にファンを持つ、日本の現代文学を代表する作家の1人、村上春樹。新作が発売されれば開店前から本屋に並ぶような、 ...

村上春樹の批評を見る時に感じていることをまとめる 書きたいのは大きく分けて3つ。 「村上春樹論は危険じゃないか?」 「ファンをひとくくりにできるのか?」 「こんな人はバカに見えるよ」 この記事の要約「小説家・村上春樹論」について感じていること 「好き」でも「嫌い」でも ...

村上 春樹 書評 ⭐ LINK ✅ 村上 春樹 書評

Read more about 村上 春樹 書評.

8
9
10

Comments:
Guest
Family reunions sometimes leave us with feud for thought.
Guest

A good rule to follow is to do unto others as though you were the others

Guest
When I can't handle events, I let them handle themselves.
Calendar
MoTuWeThFrStSu