村上 春樹 木野

村上 春樹 木野

村上 春樹 木野



(目次に戻る)(初めてこのblogに来られた方は、まず目次をご覧ください。) (短編集「女のいない男たち」感想 目次)に戻る *激しくネタバレしています。ご注意願います。 遅ればせながら、文藝春秋2014年2月号に掲載された、村上春樹「木野」の感想を以下に書きました。

木野は体育大学を卒業後、スポーツ用品を販売する会社に就職し、17年目にその会社を辞めた。 出張先から直接東京の 葛西 のマンションに戻ると、会社でいちばん親しくしていた同僚と妻が裸でベッドに入っているのを目にし、翌日会社に退職届を出した。

村上春樹「アフターダーク」忘れたふりをしていてもダメだ 村上的不安からあなたは逃げ切れることができないのです村上春樹氏の「アフターダーク」を読み直しました。2004年に刊行されているので、十年以上前に初めて読んだ…

村上春樹・著の連作短編「女のいない男たち」シリーズ #3 「木野」 (計26ページ)。 タイトル(題名) #1「ドライブ・マイ・カー」、#2「イエスタデイ」と続いた。 「ドライブ・マイ・カー」・・・1965年の「ラバー・ソウル」(Rubber Soul)に収録、

『木野』は、まるで村上春樹の長編小説のような、深みの底が見えない、謎の説得力を持った作品でした。 主人公は村上春樹としては珍しい、気分の揺れが大きい、ごくノーマルなおっさん。

村上春樹の短編集『女のいない男たち』、読み終わりました。告知が出た瞬間にamazonで予約し、発売日におうちに届き、1日1短編くらいのペースで読み切りました。 「発売日前に予約して読む」というスタイルで最新作を読んでいるのは、私にとっては現状、村上春樹ただ1人です。

「木野」は前回の、このコラムの「村上春樹の四国学」でも、少し紹介しましたが、主人公の名前ですし、彼(木野)が東京・根津美術館裏手の ...

村上 春樹『女のいない男たち』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。村上春樹9年ぶりの短編集 「ドライブ・マイ・カー」「イエスタデイ」「独立器官」「シェエラザード」「木野」「女のいない男たち」。

世界でもっとも有名な日本人作家と言えば村上春樹。フランツ・カフカ賞をアジア圏で初めて受賞し、以後ノーベル文学賞の最有力候補と見なされているほか、近年では『1Q84』の累計部数が350万部を超えるなどセールス面でも大ベストセラー作家の地位を確立しています。

村上 春樹(むらかみ はるき、1949年 1月12日 - )は、日本の小説家、文学 翻訳家。. 京都府 京都市 伏見区に生まれ、兵庫県 西宮市・芦屋市に育つ。 早稲田大学在学中にジャズ喫茶を開く。 1979年、『風の歌を聴け』で群像新人文学賞を受賞しデビュー。 1987年発表の『ノルウェイの森』は2009年 ...

村上 春樹 木野 ⭐ LINK ✅ 村上 春樹 木野

Read more about 村上 春樹 木野.

9
10
11

Comments:
Guest
If everything went like clockwork, the ticking would drive us nuts.
Guest

Maybe people should swap problems-- Everyone, it seems, knows how to solve the other guy's.

Guest
The easiest way to find something you've lost is to buy a replacement.
Calendar
MoTuWeThFrStSu