歌川国貞 紫式部

歌川国貞 紫式部

歌川国貞 紫式部



紫式部源氏かるた / 梅蝶楼国貞 ... 著者/作者 Author: 歌川 国貞, 1823-1880 utagawa, kunisada この著者/作者で早稲田大学蔵書目録を検索(OPAC author search) ...

歌川国貞の門人。姓は中里、後に岩楯。幼名は政吉、後に清太郎。号は国政時代には梅堂、二代目国貞時代には一寿斎、梅蝶楼、宝来舎といい、四代目豊国になってからは香蝶楼、一陽斎、宝来舎を使用した。 武蔵国中川沿岸の大島村の農家に生まれる。

浮世絵師・二代歌川国貞による源氏絵の連作「紫式部げんじかるた」がまとまって入荷しました。. 紫式部げんじかるた 三 空蝉 / 国貞二代. 紫式部げんじかるた 五 若紫 / 国貞二代. 紫式部げんじかるた 六 末つむ花 / 国貞二代

歌川国貞(三代目歌川豊国)~源氏かるた紫式部廿九行幸1857(安政4年)寸法~縦36.3cm×横24.4cm保存状態~しみ、汚れ、裏打有購入日~1月27日(2月1日到着)購入先~兵庫県、個人で収集した美術品の出品、ネット・オークション購入額~7920円+送料1680円~合計9600円額縁に入れて飾る参考~ローニン ...

フォトグラファー h.yoshinariの浮世絵美術北枝の浮世絵 写真タイトル 江戸浮世絵「紫式部げんじかるた八 花のえん」四代目歌川豊国(二代歌川国貞)画 安政4(1857)撮影者所蔵 二代歌川国貞の「紫式部げんじかるた」のシリーズです。 タイトルは紫式部の源氏物語です。

以前、紹介した清少納言の絵と同じ春画です。この春画は、平安時代の有名人物の夜の生活を描いたものですが、紫式部もあります。紫式部といえば、日本最古のラブストーリーと言われる源氏物語の作者。夜の生活も、愛欲に満ちていたのでしょうか!?---大東

「紫式部げんじかるた・若菜上」 『偐紫田舎源氏』による「源氏絵」の作例。 二代目歌川国貞 画。 文政 12年( 1829年 )に刊行された柳亭種彦による長編の合巻『偐紫田舎源氏』は、当時の人々のあいだで人気を博した。

浮世絵における「源氏絵」とは、柳亭種彦作・歌川国貞画の『偐紫田舎源氏』の挿絵をはじめとする。 源氏絵を大きく分けると、『源氏物語』の各場面を伝統的に描いた錦絵として独立させたものと、各場面を「遊び心」(創意)をもって描いたものの二つ ...

挿絵は歌川国貞。 文政12年(1829年) - 天保13年(1842年)刊。 紫式部の『源氏物語』を下敷きにして、時代を平安時代から室町時代へ移している。

源氏絵を本格的に紹介する珍しい企画展で、挿絵を担当した歌川国貞(1786~1865年、後の3代目歌川豊国)の代表作が展示されている。 (伊沢利幸)

歌川国貞 紫式部 ⭐ LINK ✅ 歌川国貞 紫式部

Read more about 歌川国貞 紫式部.

7
8
9
10
11
12

Comments:
Guest
The smallest deed is better than the greatest intention.
Guest

Do all you can and trust God to do what you cannot.

Guest
A bad habit is nothing more than a mistake repeated.
Calendar
MoTuWeThFrStSu