歯車 芥川 龍之介 解説

歯車 芥川 龍之介 解説

歯車 芥川 龍之介 解説



今回は、芥川龍之介『歯車』のあらすじと内容解説・感想をご紹介しました。 ドッペルケンガーを見るようになった芥川の自殺直前の作品で、死のオーラが漂っている小説です。ぜひ読んでみて下さい!

『歯車』(はぐるま) は、芥川龍之介の小説。芥川は1927年(昭和2年)服毒自殺を図るが、生前に第一章が雑誌「大調和」に発表され、残りは遺稿として発見された。『河童』、『或阿呆の一生』、『西方の人』と並ぶ晩年の代表作で、遺稿中では唯一の純粋な小説である。執筆期間は1927年3月23日から4月7日までとされる。ストーリーらしいストーリーはなく、芥川を自殺に追い詰めたさまざまな不気味な幻視、関連妄想が描かれている。

「歯車」は1927年(昭和2年)発表の芥川龍之介の短編です。 川端康成や堀辰雄ら名だたる作家が「傑作だ!」と称賛しました。しかし、普通に読むと普通に意味不明です。話らしい話のない、暗く欝々とした、死のイメージに満ちています。

底本:「現代日本文学大系 43 芥川龍之介集」筑摩書房 1968(昭和43)年8月25日初版第1刷発行 入力:j.utiyama 校正:かとうかおり 1998年4月27日公開 2004年3月14日修正 青空文庫作成ファイル:

歯車 芥川竜之介 ... が、それも長いことではなかった。僕の右の目はもう一度半透明の歯車を感じ出した。歯車はやはりまわりながら、次第に数を殖やして行った。 ...

『歯車』芥川龍之介(岩波文庫) 私事ではありますが、本ブログの第一回に芥川の『河童』と『歯車』を取り上げました。 しかしその時は、一冊の本という単位の取り上げ方ではなく、一作品(あるいは二作品)という単位の取り上げ方でありました。

ドッペルゲンガーと言えば芥川龍之介の『歯車』ですね。 この辺の共通性と違いに着目して読んでみるのもいいかもしれません。 芥川龍之介の死因 小説を読んでいるだけでは知る由もない部分まで解説 - ゴ …

『河童』の作者は芥川龍之介です。 芥川の後期の作品で、『歯車』や『或る阿呆の一生』などと並び、晩年の代表作の一つとして名高い作品です。 神経衰弱に陥っていた芥川龍之介の心理状態が色濃く反映されており、芥川龍之介の命日、まあ自殺した日ですね、それは7月24日なんですが ...

歯車 芥川 龍之介 解説 ⭐ LINK ✅ 歯車 芥川 龍之介 解説

Read more about 歯車 芥川 龍之介 解説.

3
4
5
6
7
8

Comments:
Guest
Make tomorrow another day and not today's sequel.
Guest

The trouble with car payments is that they sometimes continue running after the car does.

Guest
Wisdom is knowing what to do next; virtue is doing it.
Calendar
MoTuWeThFrStSu