清少納言 古今和歌集

清少納言 古今和歌集

清少納言 古今和歌集



清少納言(せいしょうなごん、康保3年頃〈966年頃〉 - 万寿2年頃〈1025年頃〉)は、平安時代中期の女流作家、歌人。随筆『枕草子』は平安文学の代表作の一つ。本名は清原 諾子(きよはら の なぎこ)とされている 。

清少納言の家集。一巻。流布本は和歌二十八首、連歌二句。異本は和歌四十二首。根幹は同一で、それぞれに展開。異本の成立は遅れてなった。集中には他人詠も含み、彼女の和歌は三十五首前後。贈答歌形式の日常歌が多く、機智にたけた表現で、平明な、即興的詠風である。

歌集『清少納言集』には日常生活的な詠歌が多く,機知に長けた表現の即興的詠風である。その歌風には古今集風の詠歌をする曾祖父と,即興的詠歌をする父との歌才を直接に受け継いだ面がある。しかし,ふたりの影響は,詠歌よりも『枕草子』の表現に結実し ...

古今和歌集に十七首の歌が採られていることから、古今和歌集成立当時には少なくとも二十歳前後には達していたと思われ、また、八十歳になって従五位下を賜るということは考えづらいので、それらからすると、深養父の生れは 850年代~880年あたりと考え ...

帯とけの「古今和歌集」――秘伝となって埋もれた和歌の妖艶なる奥義――国文学が無視した「平安時代の紀貫之、藤原公任、清少納言、藤原俊成の歌論と言語観」に従って、古典和歌を紐解き直している。古今和歌集の歌には多重の意味があり、その真髄は、公任のいう「心におかしきところ ...

帯とけの「古今和歌集」――秘伝となって埋もれた和歌の妖艶なる奥義――平安時代の紀貫之、藤原公任、清少納言、藤原俊成の歌論と言語観に従って「古今和歌集」を解き直している。貫之の云う「歌の様」を、歌には多重の意味があり、清げな姿と、心におかしきエロス(生の本能・性愛 ...

清少納言 古今和歌集 ⭐ LINK ✅ 清少納言 古今和歌集

Read more about 清少納言 古今和歌集.

2
3
4
5
6
7

Comments:
Guest
Be cautious--Opportunity does the knocking for temptation too.
Guest

One of the advantages of being disorderly is that you are constantly making new discoveries.

Guest
Worry pulls tomorrow's cloud over today's bright sunshine.
Calendar
MoTuWeThFrStSu