福澤諭吉 チフス

福澤諭吉 チフス

福澤諭吉 チフス



福澤 諭吉(ふくざわ ゆきち、新字体:福沢 諭吉、天保5年12月12日〈1835年 1月10日〉 - 明治34年〈1901年〉2月3日)は、日本の武士(中津 藩士のち旗本)、蘭学者、著述家、啓蒙思想家、教育者。 諱は範(はん)。 字は子囲(しい、旧字体:子圍)。 揮毫の落款印は「明治卅弐年後之福翁」 。

福澤は、明治3年5月に発疹チフスに罹った。人事不省が18日にも及び、その頃の病状は、後に自ら語ったところでは「私は病中夢うつつの間に聞いた寺の鐘とか汽笛の響とかないしは普請の音とかいうような音響が、両3年は耳についていて、これを聞くと変な気持がした」という程であった。

2月3日午後10時50分 三田慶應義塾内の自邸にて長逝(いまその地に「福澤諭吉終焉の地」の記念碑が建っている)。 同月8日 葬儀。 東京府下大崎村本願寺内(現在は品川区上大崎1丁目常光寺内)に葬ったが、昭和52年、墓所を東京都港区元麻布1丁目善福寺に移した。

1856年には腸チフスにかかって苦しむ福澤諭吉を自分の子供のように思い、塾内で看病した。あまりに心配してしまうので、自分では薬の処方はせず、内藤数馬に任せた。福澤諭吉は回復し、その後も蘭学の学習にはげみ、塾頭となった。

福澤諭吉は腸チフスにかかった時、牛乳を飲み回復した経験から、明治時代にはまだ一般的ではなかった牛乳を普及させるべく、牛乳販売会社の宣伝文を書くなど牛乳PR活動に一役かっていました。

同じころ、諭吉も腸チフスという病に感染した。幸い諭吉は回復し、三之助も大坂での任期を終えたところで、兄弟そろって中津に帰ることになった。諭吉は2、3カ月で全快し、大坂に戻るが、ほどなく中津から急報が届いた。

福澤諭吉 チフス ⭐ LINK ✅ 福澤諭吉 チフス

Read more about 福澤諭吉 チフス.

5
6
7
8
9
10

Comments:
Guest
An obstacle may be either a stepping stone or a stumbling block.
Guest

If you don't know where you are going, any road will get you there.

Guest
People who fight fire with fire usually end up with ashes.
Calendar
MoTuWeThFrStSu