第 54 回 谷崎 潤一郎 賞

第 54 回 谷崎 潤一郎 賞

第 54 回 谷崎 潤一郎 賞



谷崎潤一郎賞(たにざきじゅんいちろうしょう)は、中央公論社が1965年の創業80周年を機に、作家谷崎潤一郎にちなんで設けた文学賞である。中央公論新人賞(1956年開始)を発展解消させる形で開始された(なお、中央公論新人賞は1975年に復活し20年間続いた)。

時代を代表する優れた

谷崎潤一郎賞 第1回~第56回 トップページ|一覧〔小説全般〕|小説全般(公募)|小説全般(非公募)|一覧〔ミステリー・SF〕 一覧〔歴史・時代〕|一覧〔ノンフィクション〕|一覧〔詩集〕|一覧〔ライトノベル〕|一覧〔種々〕 サイトマップ

 · 中央公論新社は8月19日、第56回「谷崎潤一郎賞」の選考会を開き、磯﨑憲一郎『日本蒙昧前史』(文藝春秋)の受賞を決定した。選考委員は池澤夏樹氏、川上弘美氏、桐野夏生氏、筒井康隆氏、堀江敏幸氏の5人。…続き

第56回谷崎潤一郎賞が決定! 第56回(令和2年)谷崎潤一郎賞の選考会が8月19日に行われ、池澤夏樹さん、川上弘美さん、桐野夏生さん、筒井康隆さん、堀江敏幸さんの選考委員5氏による審査の結果、次の通り受賞作が決定しました。

第55回谷崎潤一郎賞が19日に発表され、村田喜代子さんの『飛族』(文藝春秋)に決まった。 受賞作『飛族』は、朝鮮との国境近くの島で暮らす92歳と88歳の老女を描いた長編小説。

谷崎潤一郎賞受賞作品一覧 ... 第55回(2019年) 飛族 村田喜代子 文藝春秋刊 第54回(2018年) 焰 星野 智幸 新潮社刊 第53回(2017年) 名誉と恍惚 松浦 寿輝 新潮社刊 第52回(2016年) 薄情 三の隣は五号室 ...

第 54 回 谷崎 潤一郎 賞 ⭐ LINK ✅ 第 54 回 谷崎 潤一郎 賞

Read more about 第 54 回 谷崎 潤一郎 賞.

8
9
10

Comments:
Guest
Anyone who thinks there's safety in numbers hasn't looked at the stock market pages.
Guest

Worry pulls tomorrow's cloud over today's bright sunshine.

Guest
All the world's a stage, but most of us are stagehands.
Calendar
MoTuWeThFrStSu