紀貫之 日本文学

紀貫之 日本文学

紀貫之 日本文学



紀 貫之(き の つらゆき)は、平安時代前期から中期にかけての貴族・歌人。下野守・紀本道の孫。紀望行の子。官位は従五位上・木工権頭、贈従二位。『古今和歌集』の選者の一人で、三十六歌仙の一人。

没年:天慶9(946) 生年:生年不詳 平安時代の歌人,三十六歌仙のひとり。望行の子。紀氏は本来武人の家系だが,貫之のころには多くの歌人を輩出,藤原敏行,兼覧王などが知られている。 御書所預,内膳典膳,少内記,大内記,美濃介,右京亮,玄蕃頭,木工権頭などを歴任。

『土佐日記』(とさにっき)は、平安時代に成立した日記文学のひとつ。紀貫之が土佐国から京に帰る最中に起きた出来事をジョークを交えて綴ったもので、成立は承平5年(934年)頃といわれる。古くは『土左日記』と表記されていた 。

紀貫之は晩年、土佐(現在の高知県)へ転勤になり、4年間勤務した。 勤務が終わり、京への帰り道を日記にしたのが、日本最初の日記文学と言われている『 土佐日記 』である。 この『土佐日記』は仮名文字で書かれており、紀貫之が女性のふりをして書いたものだと言われている。

 · 平安時代に活躍した 歌人・紀貫之きのつらゆき。 日本の学校では国語の時間、必ずと言っていいほど、彼の和歌について習いますよね。 ですが紀貫之は歌人である以前に、朝廷に仕える役人であったことをご存知でしょうか。 一体、紀貫之とはどんな人物で、どのような人生を送ったの ...

 · 日本最古の『ネカマ(文学者)』…なぜ「紀貫之」は土佐日記の自分を女人化したのか? <百人一首の有名人最期の言葉> 体験記の主人公を女性にしたせいで『ネカマ文学者』などと不名誉な称号を得た「紀貫之」。

<出典:wikipedia> 紀貫之 (きのつらゆき) 868年~945年. 9世紀後半。 紀貫之 は貴族の子どもとして誕生しました。. 紀氏は古くから豪族の家系でしたが、この頃は 藤原氏 が勢力を伸ばしていたため、紀氏の勢力は衰えていました。. また、当時は遣唐使が廃止され中国の文化が入ってきにくく ...

【ホンシェルジュ】 日本の文学史のなかで大きな転換期となった平安時代。この時代を象徴する作品が、紀貫之が作者の『土佐日記』です。今やお菓子の名前に使用されるほど、日本を代表する有名な作品のひとつとなっています。それまでの中国を模した漢文による表現ではなく、当時とし ...

紀貫之について。日本文学史上、最大の敬意を払われた偉人。当時の歌人の中で、最高数作品。三代集時代の絶対的な権威者であった、日本筆頭の歌人、『紀貫之』。 大納言、藤原師輔がわざわざ紀貫之の屋敷に訪れ、和歌を依頼したほど。

紀貫之 日本文学 ⭐ LINK ✅ 紀貫之 日本文学

Read more about 紀貫之 日本文学.

4
5
6
7

Comments:
Guest
A dog is the only thing on this earth that loves you more than he loves himself.
Guest

Talk is cheap, until you talk to a lawyer.

Guest
Marriage is made in heaven--so is thunder and lightning.
Calendar
MoTuWeThFrStSu