紫式部 清少納言 性格

紫式部 清少納言 性格

紫式部 清少納言 性格



『紫式部日記』から感じとれる紫式部の性格とは? 清少納言とは対照的に、紫式部は目立つことが嫌いな内向的な性格だったと言われています。 紫式部は、一条天皇の妃である中宮・彰子に仕えていました。その宮仕え中に書いたのが『紫式部日記』です。

 · しかし、紫式部 と清少納言に直接の接点はないし、性格も真反対。 そして、そんな真反対な女性から生まれた 「源氏物語」 と「枕草子」もまた、その性格の違いを反映するかのように全く異なる文学作品となっているのがとても興味深いなと思うのでした。

清少納言と紫式部。枕草子と源氏物語を後世に伝えた平安時代の女流文学者です。よくライバル扱いされる彼女たちですが、その生い立ちや経歴は非常に似ています。しかし、その性格はと言うと全くの正反対。今回は枕草子と紫式部日記から読み取れる二人の性格に迫ってみたいと思います。

紫式部が完成させた、世界に誇る古典の最高峰と言われる「源氏物語」。一方、清少納言が作り上げた、随筆という新しい文学を開拓するきっかけとなった「枕草子」。平安時代のほぼ同時期に作り上げられたこの2作品は、日本人であれば知らない人はいないはずです。

清少納言と紫式部は、宮中にいた期間が重なっていません。 つまり、宮中で顔を合わせることはなかったのです。 清少納言が仕えた定子は藤原道隆の娘ですが、関白の藤原道隆が亡くなると、定子の兄、弟が左遷されます。

清少納言にとって、目の上のタンコブ的な存在だったのかもしれませんが、紫式部本人ではなく敢えて彼女の亡き夫の悪口を言うあたり、清少納言の性格の悪さが滲み出ているかのようです。

 · 枕草子の著者である、清少納言の性格はどんな性格だったのでしょうか。 一般的には、頭が良く勝気のようなイメージ? そして、明るくさっぱりした女性とのイメージ? 枕草子の強気な文章からは勝ち気な感じも伺えますが実際のところは一体‥! 今回は清少納言の性格がどんなだったのか ...

『枕草子』の著者、清少納言せいしょうなごんの性格のイメージは、知的で勝ち気。 一般的には、宮中の貴公子を相手に機転の利いた応酬をする、 明るくてさっぱり系の女性として知られているようです。 清少納言の年表を含む【完全版まとめ】記事はこちらをどうぞ。

紫式部 清少納言 性格 ⭐ LINK ✅ 紫式部 清少納言 性格

Read more about 紫式部 清少納言 性格.

2
3
4
5
6

Comments:
Guest
The best thing you can spend on your children is time.
Guest

A bad habit is nothing more than a mistake repeated.

Guest
Do not neglect to show hospitality to strangers, for thereby some have entertained angels unawares.
Calendar
MoTuWeThFrStSu