芥川 龍之介 キリスト 教

芥川 龍之介 キリスト 教

芥川 龍之介 キリスト 教



芥川龍之介とキリスト教は切っても切れない関係にある。彼は自殺するときも枕頭に聖書を置いていた。芥川龍之介には切支丹物と呼ばれる一連の作品がある。これらの作品群から芥川がどのようにキリスト教を考えていたのかを探ってみたい。 2聖書

芥川龍之介のキリスト教観 臼 艶聞臨藍醗酵粒頴騎 リスト教思想などと大胆な題目はつけられないのではなかろうか。のである」 と論及して甚られるのをみても、芥川に関する限りキ 註①前稿hの①参照。 ②全集案内の中の石坂養平氏「芥川龍之介論」より。

芥川のキリスト教観の展開過繩を切支丹物にのみ限って分類して ① みると次のようになる。 ⑧初期の作砧(切支丹を南蛮趣味、異国趣味、・異端的対象と認め 芥川龍之介のキリスト教観㈲ $ 好

第6回「芥川龍之介と聖書」文豪芥川龍之介(1892~1927,享年36歳)が自殺した自宅には、一冊の聖書が残されてありました。彼は自殺する直前に、「西方の人」、「続西方の人」という短編を書きました。芥川は、1927年7月24日に自殺しますが、「西方の人」を書いたのが7月10日、「続西方の人」は ...

『南京の基督』(なんきんのきりすと)(英題:The Christ Of Nanjing)は、芥川龍之介の短編小説。中国の南京を舞台にしたキリスト教信者の少女 娼婦の物語。 梅毒に侵され、客をとるのを止めていた少女の前に現れたキリスト似の外国人との一夜の出来事と、その後の金花と日本人旅行家との ...

芥川 龍之介(あくたがわ りゅうのすけ、1892年〈明治25年〉3月1日 - 1927年〈昭和2年〉7月24日)は、日本の小説家。 本名同じ、号は 澄江堂主人 ( ちょうこうどうしゅじん ) 、俳号は我鬼。. その作品の多くは短編小説である。 また、『芋粥』『藪の中』『地獄変』など、『今昔物語集』『宇治 ...

 · 芥川龍之介が自殺した時、遺体の近くに聖書が置いてあったそうです。彼はキリスト教徒だったのでしょうか? 芥川龍之介は1927年7月24日未明、田端の自宅においてヴェロナール及びシジャールの致死量を仰いで享年36...

清泉女子大学キリスト教文化研究所年報 第24巻 平成28年 Journal of the Research Institute for Christian Culture, Seisen University, Vol.24, 2016 『神神の微笑』 ― 芥川龍之介における日本の諸宗教とキリスト教の受容について ― 武 田 秀 美 Various religions of Japan and the acceptance of

芥川龍之介(1892~1927) 作家。『蜘蛛の糸』の作者は疲労のまっただなかで、一篇のお題目を認(したた)めた。 昔は本所にあった家の菩提寺を思ひ出した。この寺には何でも司馬江漢や小林平八郎の墓の外に名高い浦里時次郎の比翼塚も建っていたもので ...

芥川 龍之介 キリスト 教 ⭐ LINK ✅ 芥川 龍之介 キリスト 教

Read more about 芥川 龍之介 キリスト 教.

3
4
5
6

Comments:
Guest
A truth that's told with bad intent beats all the lies you can invent.
Guest

By the time somebody decides to make a long story short, it's already too late.

Guest
The right to do something does not mean that doing it is right.
Calendar
MoTuWeThFrStSu