芥川 龍之介 古典 取材

芥川 龍之介 古典 取材

芥川 龍之介 古典 取材



芥川 龍之介(あくたがわ りゅうのすけ、1892年〈明治25年〉3月1日 - 1927年〈昭和2年〉7月24日)は、日本の小説家。 本名同じ、号は 澄江堂主人 ( ちょうこうどうしゅじん ) 、俳号は我鬼。. その作品の多くは短編小説である。 また、『芋粥』『藪の中』『地獄変』など、『今昔物語集』『宇治 ...

芥川龍之介と古典文学との間には、述べるまでもなく、密接な関係がある。『道祖問答』・『地獄変』・『龍』といった作品は『宇治拾遺物語』、『袈裟と盛遠』は『源平盛衰記』を典拠としている。

Zen Cart [日本語版] : 芥川龍之介と古典 [978-4-585-07081-8] - 『今昔物語集』や『宇治拾遺物語』など古典に取材した、芥川の作品十七篇を詳細に論じた不朽の名作。芥川と古典との比較研究の金字塔。

^ 芥川龍之介 「入社の辞」、1919年3月。 ^ 海軍兵学校物語, p. 73 ^ 関口 2010, p. 52 ^ 川端康成 「芥川龍之介氏と吉原」 ^ 神の罠, 39頁 ^ 山崎光夫 『藪の中の家』 中公文庫、2008年。(第四章六 - より) ^ 芥川文、中野妙子記 『追想芥川龍之介』 中公文庫、1981年 ...

⽇本の古典を題材にした芥川龍之介の作品 『芥勜龍之介全厦 1』(岩波危又)、『⽇本卐代卽学⼤系 38 芥勜龍之介』(角勜危又)、『勶代⽇本の卽学 11

今昔物語 番外編(芥川龍之介の評価) 1059話からなる大部の書物であり、インド、中国、日本の三国に分けて説話が記載されている。 内容は仏教関係の話が中心だが、まったく仏教に関係のない話も少なか …

墓の天辺に五七桐紋が彫られたユニークな墓文豪・芥川龍之介の墓は、巣鴨の都立染井霊園に程近い慈眼寺という日蓮宗寺院の墓地にある。慈眼寺の墓地は、俳人の飯田蛇笏が芥川龍之介の追悼句として詠んだ「たましひのたとえば秋のほたるかな」という一句がよく

芥川龍之介 「羅生門」 〈出典・作品〉 大正4年(1915)発表 『今昔物語集』の説話を典拠とする歴史小説 (平安末期=1120年頃成立) < 古典 > → < 現代の小説(虚構) > 取材 再構成

芥川龍之介の羅生門と今昔物語集の羅生門の上で死人を見た盗人の話の相違点について、 芥川龍之介が羅生門を書くにあたって取材した羅城門の上で死人を見た盗人の話と羅生門には、設定が異なる点がありますが、どうして作者はそんな違いを作ったのかを考察しなくてはなりません!以下 ...

) ・幻の今昔物語集(新日本古典文学大系月報①α ︻訂正︼ 一⑩⑩①と 芥川龍之介は、﹁今昔物語鑑賞一を発表して三か月後に他界した。 前稿で、﹁﹁今昔物語鑑賞﹂が活字になったとき、芥川龍之介はすで にこの世の人ではなかった﹂としたのは、まこと ...

芥川 龍之介 古典 取材 ⭐ LINK ✅ 芥川 龍之介 古典 取材

Read more about 芥川 龍之介 古典 取材.

2
3
4
5
6

Comments:
Guest
Contentment is contagious.
Guest

If the grass is greener in the other fellows yard, let him worry about cutting it.

Guest
The road to success is dotted with many tempting parking places.
Calendar
MoTuWeThFrStSu