芥川 龍之介 女

芥川 龍之介 女

芥川 龍之介 女



芥川龍之介 雌蜘蛛 ( めぐも ) は真夏の日の光を浴びたまま、紅い 庚申薔薇 ( こうしんばら ) の花の底に、じっと何か考えていた。 すると空に 翅音 ( はおと ) がして、たちまち一匹の蜜蜂が、なぐれるように薔薇の花へ下りた。

底本:「筑摩全集類聚 芥川龍之介全集第四巻」筑摩書房 1971(昭和46)年6月5日初版第1刷発行 1979(昭和54)年4月10日初版第11刷発行 入力:土屋隆 校正:松永正敏 2007年6月26日作成 青空文庫 …

世の中と女 芥川龍之介 ... 底本:「筑摩全集類聚 芥川龍之介全集第四巻」筑摩書房 1971(昭和46)年6月5日初版第1刷発行 ...

芥川龍之介の女性たち <塚本文>は幼なじみで龍之介の妻ですが、結婚前に龍之介から文に送られた手紙には龍之介の女性観がうかがえます。作中では「子供の病気」「死後」「年末の一日」「蜃気楼」「鵠沼雑記」「歯車」「本所両国」「或阿呆の一生」に登場します。

芥川 龍之介(あくたがわ りゅうのすけ、1892年〈明治25年〉3月1日 - 1927年〈昭和2年〉7月24日)は、日本の小説家。 本名同じ、号は 澄江堂主人 ( ちょうこうどうしゅじん ) 、俳号は我鬼。. その作品の多くは短編小説である。 また、『芋粥』『藪の中』『地獄変』など、『今昔物語集』『宇治 ...

ボケーっとしていたら何故か急に、「赤い帽子の女」に就いて調べてみたくなった。「赤い帽子の女」は【相対】に発表された芥川龍之介のものではないかとされる性体験手記である。本格的に調査考察したならば片篇集に載せるべきであろうが、片手間に行ったのでこちらに載せることにした ...

芥川龍之介の 妻の名前は、 芥川文(ふみ)といい、 芥川龍之介よりも、 年齢は7歳年下。 結婚当時は、 跡見女学校に通う 学生でした。 芥川龍之介の妻の父親は、海軍軍人. では 芥川龍之介の妻は どんな人だったのか、 情報を整理していきましょう。 芥川 ...

芥川龍之介に『葱』という小説があります。文豪にもなると、テーマ『葱』で小説が書けるもんなんですね。うらやましい感性です。 1919 年に書かれた作品で、 なかなか爽やかで、ささやかなりしエールの込められた素敵な一作です。. ものすごく簡潔に言うと、女の子が葱買うだけの話なん ...

芥川龍之介にまつわる都市伝説・武勇伝 都市伝説・武勇伝1「スーパーヘビースモーカー、芥川龍之介」 酒乱で有名な中原中也(なかはらちゅうや)や、薬物中毒で苦しんだ太宰治など、この時代、不健康な嗜好品に溺れる作家は数多くいましたが、芥川も例外ではありませんでした。

芥川龍之介の『白』という小説をご紹介します。白、というのは白い犬のことです。白ちゃんですね。この白が主人公のお話です。ものすごい簡単に言いますと、白という犬が、黒になったりして、いろいろあって黒になり、再び白に戻るという6章から成る短いお話です。

芥川 龍之介 女 ⭐ LINK ✅ 芥川 龍之介 女

Read more about 芥川 龍之介 女.

4
5
6
7
8
9

Comments:
Guest
Age is a high price to pay for maturity.
Guest

The most important ability is availability.

Guest
If at first you do succeed, hide your astonishment.
Calendar
MoTuWeThFrStSu