芥川 龍之介 影

芥川 龍之介 影

芥川 龍之介 影



底本:「芥川龍之介全集4」ちくま文庫、筑摩書房 1987(昭和62)年1月27日第1刷発行 1996(平成8)年7月15日第8刷発行 底本の親本:「筑摩全集類聚版芥川龍之介全集」筑摩書房 1971(昭和46)年3月~1971(昭和46)年11月 入力:j.utiyama

『影』(かげ)は、芥川龍之介の短編小説。1920年に書かれ、『改造』に掲載された。

芥川 龍之介(あくたがわ りゅうのすけ、1892年〈明治25年〉3月1日 - 1927年〈昭和2年〉7月24日)は、日本の小説家。 本名同じ、号は 澄江堂主人 ( ちょうこうどうしゅじん ) 、俳号は我鬼。. その作品の多くは短編小説である。 また、『芋粥』『藪の中』『地獄変』など、『今昔物語集』『宇治 ...

Amazon – 影 [Kindle版]の内容紹介; Yahoo知恵袋 – 芥川龍之介の影という小説の内容が掴めないの…のベストアンサー; のどれにもドッペルゲンガーのことが触れられている。 Wikipedia「ドッペルゲンガー」には事例に芥川の名前が挙がっているくらい有名な話で ...

 · 今まで読んだもののまとめ https://www65.atwiki.jp/roudoku_bookshelf/ https://twitter.com/umihiko27526609

以下、芥川龍之介『影』1920、より 「ああ、今夜もまた寂しいわね。」「せめて奥様が御病気でないと、心丈夫でございますけれども――」「それでも私の病気はね、ただ神経が疲れているのだって、今日も山内《やまのうち》先生がそうおっしゃったわ。

映画を読む小説 : 芥川龍之介「影」論 大石 富美 九大日文 (25), 52-69, 2015-03-31

死の影 『歯車』は、1927年に雑誌『文藝春秋』で発表された芥川龍之介の短編小説です。芥川が自殺直前に見た不気味な幻想や妄想が描かれています。『河童』『或る阿呆の一生』と並ぶ、芥川の晩年の代表作です。 ... 芥川龍之介 ...

 · 芥川龍之介の影という小説の内容が掴めないのですが要約して下さいお願いしますm(__)m この話自体が、「私」が見た気になっていた『影』という活動写真(映画)のあらすじだと最後にわかる。隣に居た女も私もそれを見...

 · 作品を読んでひとこと ⇒ ラストの女性のセリフ、ミステリアスすぎて忘れられないな~꒰ ˘ ³˘꒱۶~♡ 名作文学&怖い話をASMRで朗読&動画後半 ...

芥川 龍之介 影 ⭐ LINK ✅ 芥川 龍之介 影

Read more about 芥川 龍之介 影.

9
10
11
12

Comments:
Guest
A lot of us would like to move mountains, but few of us are willing to practice on small hills.
Guest

A grouch is a person who somehow can manage to find something wrong with even the good old days.

Guest
Happiness is nothing more than health and a poor memory.
Calendar
MoTuWeThFrStSu