芥川 龍之介 日記

芥川 龍之介 日記

芥川 龍之介 日記



底本:「筑摩全集類聚 芥川龍之介全集第四巻」筑摩書房 1971(昭和46)年6月5日初版第1刷発行 1979(昭和54)年4月10日初版第11刷発行 ※底本は、物を数える際や地名などに用いる「ヶ」(区点番号5-86)を、大振りにつくっています。 入力:土屋隆

底本:「芥川龍之介全集8」ちくま文庫、筑摩書房 1989(平成元)年8月29日第1刷発行 1998(平成10)年2月17日第3刷発行 底本の親本:「筑摩全集類聚版芥川龍之介全集」 1971(昭和46)年3月~11月刊行 入力:土屋隆 校正:noriko saito 2007年7月23日作成

芥川 龍之介(あくたがわ りゅうのすけ、1892年〈明治25年〉3月1日 - 1927年〈昭和2年〉7月24日)は、日本の小説家。 本名同じ、号は 澄江堂主人 ( ちょうこうどうしゅじん ) 、俳号は我鬼。. その作品の多くは短編小説である。 また、『芋粥』『藪の中』『地獄変』など、『今昔物語集』『宇治 ...

芥川龍之介「松江印象記」初出形 [やぶちゃん注:本稿は「松江印象記」の初出である。芥川龍之介は大正4(1915)年8月5日から21日迄、畏友井川(後に恒藤に改姓)恭の郷里松江に来遊、吉田弥生への失恋の傷心を癒した。

今日は芥川龍之介の「京都日記」を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。 この作品は、祇園の色町と建仁寺とのはざまの、何ともいえない妙な「間」のことを日記に書いています。

芥川龍之介全集6より 「軽井沢日記」をお借りしました。 つるや旅館、 この風情は変わらないのかどうか。 堀辰雄「美しい村」もこちらでのお話です。

芥川 龍之介 日記 ⭐ LINK ✅ 芥川 龍之介 日記

Read more about 芥川 龍之介 日記.

4
5
6

Comments:
Guest
Nothing is as hard to do as getting off your high horse.
Guest

Forgiveness is like sunshine after a rainy day.

Guest
The one thing worse than a quitter is the person who is afraid to begin.
Calendar
MoTuWeThFrStSu