芥川 龍之介 日記

芥川 龍之介 日記

芥川 龍之介 日記



底本:「筑摩全集類聚 芥川龍之介全集第四巻」筑摩書房 1971(昭和46)年6月5日初版第1刷発行 1979(昭和54)年4月10日初版第11刷発行 ※底本は、物を数える際や地名などに用いる「ヶ」(区点番号5-86)を、大振りにつくっています。 入力:土屋隆

底本:「芥川龍之介全集8」ちくま文庫、筑摩書房 1989(平成元)年8月29日第1刷発行 1998(平成10)年2月17日第3刷発行 底本の親本:「筑摩全集類聚版芥川龍之介全集」 1971(昭和46)年3月~11月刊行 入力:土屋隆 校正:noriko saito 2007年7月23日作成

芥川 龍之介(あくたがわ りゅうのすけ、1892年〈明治25年〉3月1日 - 1927年〈昭和2年〉7月24日)は、日本の小説家。 本名同じ、号は 澄江堂主人 ( ちょうこうどうしゅじん ) 、俳号は我鬼。. その作品の多くは短編小説である。 また、『芋粥』『藪の中』『地獄変』など、『今昔物語集』『宇治 ...

底本の親本:「芥川龍之介全集 第十二巻」岩波書店 1996(平成8)年10月8日発行 ※()内の編者による注記は省略しました。 入力:門田裕志 校正:岡山勝美 2015年2月28日作成 青空文庫作成ファイル:

芥川龍之介「松江印象記」初出形 [やぶちゃん注:本稿は「松江印象記」の初出である。芥川龍之介は大正4(1915)年8月5日から21日迄、畏友井川(後に恒藤に改姓)恭の郷里松江に来遊、吉田弥生への失恋の傷心を癒した。

 · 『不思議な島/芥川龍之介』の狐人的な【読書メモと感想】。『河童』のような芥川龍之介の風刺小説の一つ。ガリヴァーとサッサンラップ島で語る野菜の話は、じつは小説のことを言っている。小説が大量生産大量消費される時代の小説家のグチ?

芥川 龍之介 日記 ⭐ LINK ✅ 芥川 龍之介 日記

Read more about 芥川 龍之介 日記.

4
5
6
7
8

Comments:
Guest
People are very open-minded about new things--as long as they're exactly like the old ones.
Guest

No person ever advanced by traveling in reverse.

Guest
Grandchildren are God's way of compensating us for getting old.
Calendar
MoTuWeThFrStSu