芥川 龍之介 河童 作品 論

芥川 龍之介 河童 作品 論

芥川 龍之介 河童 作品 論



『河童』(かっぱ)は、芥川龍之介が1927年(昭和2年)に総合雑誌『改造』誌上に発表した小説である。 当時の日本社会、あるいは人間社会を痛烈に風刺、批判した小説であり、同じ年の芥川の自殺の動機を考える上でも重要な作品の一つであるといえる。 芥川の晩年の代表作として有名で ...

芥川龍之介論 ... 僕は芥川龍之介の諸作品の中で最も晩年の作品を愛します。 ... 愉快と不愉快とを、我々は又芥川氏の「河童」の中にも見出すであらう。のみならず、「河童」の芥川氏と「ガリヴア旅行記」のスウイフトとは人としても非常に酷似してゐる ...

河童・歯車 : 晩年の作品世界. 宮坂覺編. 翰林書房 1999.12 芥川龍之介作品論集成 第6巻. 所蔵館212館

『河童』の作者は芥川龍之介です。 芥川の後期の作品で、『歯車』や『或る阿呆の一生』などと並び、晩年の代表作の一つとして名高い作品です。 神経衰弱に陥っていた芥川龍之介の心理状態が色濃く反映されており、芥川龍之介の命日、まあ自殺した日ですね、それは7月24日なんですが ...

芥川 龍之介(あくたがわ りゅうのすけ、1892年〈明治25年〉3月1日 - 1927年〈昭和2年〉7月24日)は、日本の小説家。 本名同じ、号は 澄江堂主人 ( ちょうこうどうしゅじん ) 、俳号は我鬼。. その作品の多くは短編小説である。 また、『芋粥』『藪の中』『地獄変』など、『今昔物語集』『宇治 ...

Title 芥川龍之介「河童」研究(上) Author(s) 小澤, 保博 ... 芥川龍之介作品が今日に残り得たのは、主題小説 ... 風潮の影響もあるが、芥川龍之介固有の創作行為 の方法論に化したと言える。自己の素質とその趣 ...

吉本隆明の小論「芥川龍之介の死」は、芥川の死をめぐる通説に異を唱えるとともに、芥川の作家としての資質を軽侮するような内容のものである。吉本には他人を無暗に攻撃する傾向があるが、この小論ではそれがストレートに現われている。

河童 芥川龍之介 どうか Kappa と発音して下さい。 ... この作品には、JIS X 0213にない、以下の文字が用いられています。(数字は、底本中の出現「ページ-行」数。 ...

芥川龍之介の〈狂人語り小説〉の分析 を試みたい。 わたしの研究では、芥川龍之介の〈狂人語り小説〉を二つのグルー えるだろうが、何を常識とするかは文化や時代に関わる問題である。は狂気の定義が問 …

芥川 龍之介 河童 作品 論 ⭐ LINK ✅ 芥川 龍之介 河童 作品 論

Read more about 芥川 龍之介 河童 作品 論.

5
6
7
8

Comments:
Guest
People are very open-minded about new things--as long as they're exactly like the old ones.
Guest

Marriage is made in heaven--so is thunder and lightning.

Guest
A grouch is a person who somehow can manage to find something wrong with even the good old days.
Calendar
MoTuWeThFrStSu