芥川 龍之介 河童 全文

芥川 龍之介 河童 全文

芥川 龍之介 河童 全文



底本:「芥川龍之介全集 第十四巻」岩波書店 1996(平成8)年12月9日発行 底本の親本:「改造 第九巻第三号」 1927(昭和2)年3月1日発行 初出:「改造 第九巻第三号」 1927(昭和2)年3月1日発行

『河童』(かっぱ)は、芥川龍之介が1927年(昭和2年)に総合雑誌『改造』誌上に発表した小説である。 当時の日本社会、あるいは人間社会を痛烈に風刺、批判した小説であり、同じ年の芥川の自殺の動機を考える上でも重要な作品の一つであるといえる。 芥川の晩年の代表作として有名で ...

芥川龍之介. 序 これはある精神病院の患者、――第二十三号がだれにでもしゃべる話である。 ... ではありません。河童たちの時々来てくれる限りは、――ああ、このことは忘れていました。 ...

お気に入りに追加. 今日は芥川龍之介の「河童」を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。 芥川龍之介はおもに中国の古典から物語を引用して小説にしてきた作家です。

芥川 龍之介(あくたがわ りゅうのすけ、1892年〈明治25年〉3月1日 - 1927年〈昭和2年〉7月24日)は、日本の小説家。 本名同じ、号は 澄江堂主人 ( ちょうこうどうしゅじん ) 、俳号は我鬼。. その作品の多くは短編小説である。 また、『芋粥』『藪の中』『地獄変』など、『今昔物語集』『宇治 ...

羅生門 【全】 芥川龍之介 底本:「芥川龍之介全集1」ちくま文庫、筑摩書房 1986(昭和61)年9月24日第1刷発行 1997(平成9)年4月15日第14刷発行 底本の親本:「筑摩全集類聚版芥川龍之介全集」筑摩書房

 · こちらのamazonや楽天リンクを一度踏んでいただき お買い物いただくとご支援になります。 ご協力お願いします。

えあ草紙で読む青空文庫(無料) 著者:芥川 竜之介 作品名:河童 底本:「河童・或る阿呆の一生」 旺文社文庫、旺文社 1966(昭和41)年10月20日 初出:「改造」1927(昭和2)年3月 文字遣い:新字新仮名

芥川龍之介の小説『河童』では、河童の社会ではさまざまなものを自動で製造する機械が次々と発明されている。 また同作中には「檀那はお忘れなすったのですか? 河童にも機械屋のいると云うことを」という台詞がある。

芥川 龍之介 河童 全文 ⭐ LINK ✅ 芥川 龍之介 河童 全文

Read more about 芥川 龍之介 河童 全文.

10
11
12

Comments:
Guest
If you're looking for a long rest, be on time for an appointment.
Guest

If you really want the world to beat a path to your door, try taking a nap.

Guest
A lot of us would like to move mountains, but few of us are willing to practice on small hills.
Calendar
MoTuWeThFrStSu