芥川 龍之介 河童 感想

芥川 龍之介 河童 感想

芥川 龍之介 河童 感想



芥川 龍之介『河童』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約130件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。

 · 芥川龍之介『河童』あらすじ これはある精神病院の患者「第二十三号」が誰にでもしゃべるお話。 彼はあるとき山登りの途中で河童を見かけた。 追いかけて穴に落ちたその先は、河童の国だった。 第二十三号はそこでさまざまな河童と出会う。

芥川龍之介作品は『河童』が一番好き。 晩年の作品のなかで、小説として体裁を保てたギリギリの作品が『河童』だと思う。これ以降は文章がどんどん発狂していく。 『或阿呆の一生』もこの本で読めます。私は「三十三 英雄」が好き。

『河童』の作者は芥川龍之介です。 芥川の後期の作品で、『歯車』や『或る阿呆の一生』などと並び、晩年の代表作の一つとして名高い作品です。 神経衰弱に陥っていた芥川龍之介の心理状態が色濃く反映されており、芥川龍之介の命日、まあ自殺した日ですね、それは7月24日なんですが ...

芥川龍之介『河童』あらすじ・名言・感想~『河童の国』と人間社会の抱える闇 あなたは、河童は本当に存在すると思いますか? もし存在するならば、彼らは私たちの目をかいくぐり、どこでどんな生活をしているのでしょう。

今日は、芥川龍之介の『河童』の読書感想文です。恥ずかしながら初めて芥川龍之介を読みました。難解でした。

この作品は芥川龍之介の“嫌悪“を集めた様な短編(比較的長いけどw)で資本主義や芸術などに対して否定的な描写が多いですが中でも、気になったのは女性についての描写が辛すぎる😅(ちょっと笑ってしまいますが…)その一節を紹介したいと思います。

芥川 龍之介 河童 感想 ⭐ LINK ✅ 芥川 龍之介 河童 感想

Read more about 芥川 龍之介 河童 感想.

2
3
4
5
6

Comments:
Guest
People are very open-minded about new things--as long as they're exactly like the old ones.
Guest

The trouble with car payments is that they sometimes continue running after the car does.

Guest
All that you do, do with all your might--Things done by half are never quite right.
Calendar
MoTuWeThFrStSu