芥川 龍之介 点鬼簿

芥川 龍之介 点鬼簿

芥川 龍之介 点鬼簿



僕は一人の姉を持っている。しかしこれは病身ながらも二人の子供の母になっている。僕の「点鬼簿」に加えたいのは 勿論 ( もちろん ) この姉のことではない。 丁度僕の生まれる前に突然 夭折 ( ようせつ ) した姉のことである。 僕等三人の姉弟の中でも一番賢かったと云う姉のことで ...

『点鬼簿(てんきぼ)』は1926年(大正15年)9月に芥川龍之介によって書かれた短編小説。芥川の作品の中では、後期に書かれた短編に分類される。

 · 『点鬼簿/芥川龍之介』の狐人的な【読書メモと感想】。母、一番上の姉、父、これが芥川龍之介の点鬼簿に記された者たちの名前である。病気で子供を愛せなかった母、よくできた姉、愛情薄かった父。親、兄弟姉妹。家族について思う小説。

 · 芥川龍之介「点鬼簿」について 文学が得意な方にお願いします!小説「点鬼簿」についてなんですが、芥川龍之介はこの小説全体で、何を伝えたかったのでしょか?また、この小説の最後に 内藤丈草の句が登場しますが、...

 · 点鬼簿=過去帳。カミュの場合、「今日、ママが死んだ。或いは多分昨日だが、私は知らない。(Aujourd'hui, maman est morte. Ou peut-être hier, je ne sais pas.)」(異邦人)であるが、芥川の場合は「僕の母は狂人だった。」である。この物語は、自伝であり、虚構ではないだろう。

 · 芥川龍之介の小説らしい小説よりも、自分のことが書いてある本がわたしは好きです。

ご視聴ありがとうございます!

芥川 竜之介: 作家名読み: あくたがわ りゅうのすけ: ローマ字表記: Akutagawa, Ryunosuke: 生年: 1892-03-01: 没年: 1927-07-24: 人物について: 東大在学中に同人雑誌「新思潮」に発表した「鼻」を漱石が激賞し、文壇で活躍するようになる。

芥川 龍之介(あくたがわ りゅうのすけ、1892年〈明治25年〉3月1日 - 1927年〈昭和2年〉7月24日)は、日本の小説家。 本名同じ、号は 澄江堂主人 ( ちょうこうどうしゅじん ) 、俳号は我鬼。. その作品の多くは短編小説である。 また、『芋粥』『藪の中』『地獄変』など、『今昔物語集』『宇治 ...

芥川 龍之介 点鬼簿 ⭐ LINK ✅ 芥川 龍之介 点鬼簿

Read more about 芥川 龍之介 点鬼簿.

5
6
7
8
9
10

Comments:
Guest
Fear of becoming a has-been keeps some people from becoming anything.
Guest

Do all you can and trust God to do what you cannot.

Guest
It is better to hold out a hand than to point a finger.
Calendar
MoTuWeThFrStSu